危険!夫婦共働き世帯年収で住宅ローンの借り入れが危ない理由3つ!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

住宅ローンの支払いは、夫婦合算した世帯年収でシュミレーションすべきでしょうか?

確かに今は共働き時代。夫婦の力を合わせれば、夫の年収だけでは手の届かない、あんなオシャレなお家や、こんな素敵なお家に住めるかもしれませぬ。

だがしかし、住宅購入後3年が過ぎた今、吾輩は改めて住宅ローンの支払いは、夫婦合算の返済は危険だと言う結論に至りましたぞ。

そこで今回は、住宅ローンを世帯年収、妻の年収を合算しないでよかったことについて書いていきますぞ。

スポンサーリンク

予算オーバーでも、妻の年収を合算すると・・・

住宅を探しているうちに、

ザク男爵
あ、この家いいな・・・。でも予算オーバーだ。どうしよう・・・

と、予算オーバーなのに諦められない家に出会ってしまうことがある。

そんな時に、妻の年収を合算して世帯年収として考えると、あら不思議。

予算オーバーだった家が、予算内に収まり、都合よく買えるではありませぬか!なんだね、このマジックは!?

 

今では住宅ローンを申請する際に、妻の年収を合算して世帯年収として計算し、住宅ローンを借りるやり方もあるようだ。ええ、これなら予算オーバーだった家も買えますな。

しかし、しかしでありますよ!

ザク男爵
その住宅ローン返済のシュミレーション、本当に大丈夫でございますか?

妻の収入を住宅ローンの返済に回すと、かなり危険でありますぞ!

 

妻の収入を住宅ローン返済にまわすと、ここが危ない!

住宅ローンを返済して、早3年。吾輩が感じる妻の収入を住宅ローン返済にまわす危険性は、次のようなものがありますぞ。

子供が幼稚園に入園したとき!

吾輩は妻の年収を住宅ローンの返済に当てなくてよかったと感じるのは、子供が幼稚園に入園したときだ。

それは子供を幼稚園に通わせる生活が、想像以上に忙しかった為だ。

まず幼稚園からの呼び出しがかなり多い。

「子供が風邪引いたか迎えに来て」なんて言われたことはないけど、運動会の準備やら納涼祭の準備やら、発表会の準備やらもちつき大会やら・・・と、なんだかんだと幼稚園に行く機会がすごく多いのだ。(妻が)

幸いにして妻は専業主婦だったから、仕事に支障がなかったものの、きっと妻が仕事をしながら幼稚園に通わせるってなってたら、ものすごく大変だったね。

もう無理!マジで無理!仕事しながら、幼稚園の手伝いとか、無理だから!!ムキーーーー!!

これで妻の仕事をローン返済に当ててたら、目も当てられない状況になるね・・・。

 

妻が妊娠したとき。

住宅購入後、妻が妊娠したら、きっと妻の収入を住宅ローン返済に当てたことを後悔するでしょう!

その理由は、妊娠しながら働くのって、相当キツイからに決まっているからでございますよ!(妻が)

妻の収入を住宅ローンの返済に組み込んでしまうと、仕事を辞めたくなっても簡単に辞められなくなってしまうのだ。

 

こんなとき、夫の収入だけでも返済できるシュミレーションなら、妻が妊娠してもお金の心配をすることなく、仕事を続けるなり辞めるなり休職するなり、自由に選ぶことができるのであるよね。

 

夫が仕事を辞めたとき!

そして案外気が付かないけど、妻の収入を合算して世帯年収で住宅ローンを借りてしまうと、夫が仕事を辞めたとき、家計が一気に火の車になってしまう危険がありますぞ。

それは、夫の収入がなったとき、残されたのは予算オーバーの膨大なローンだけという結果になってしまうからだ。

夫が仕事を辞めて、その後復職するにしても、膨大な住宅ローンが残されているなら、次の仕事もある程度の収入がないと住宅ローンを支払っていけませぬぞ!

ザク男爵
て、転職のハードルを上げるのでありますか!?こ、この年で!?

年齢と共に、夫の市場価値は下がるのが通常でございますぞ。

 

これがもし夫の収入だけで住宅ローンを借りていれば、身の丈のあった余裕のある住宅ローンだったかもしれませぬ。

それならば、毎月の返済額も余裕のある金額だ。夫が仕事を辞めて、新しい仕事を始めるにしても、その後の家計へのダメージは少ないですな。

 

しかし世帯年収で借りた(本当は)予算オーバーの住宅ローンだったら、夫が仕事辞めても、その膨大なローンだけは返済しなくちゃいけないのでありますよ!?

あなたの夫は、これからもずっとずっと、今の仕事と収入が続く保証はございますでしょうか?

ザク男爵
吾輩は・・・吾輩は・・・保証なんてできませぬぞーーーー!!

未来を約束できる人は、誰ひとりいませぬよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

妻の収入を合算して世帯年収で住宅ローンを借りる危険性は次の通り。

1・子供の成長でライフステージが変わるときに、今のライフスタイルに無理がでる場合がある。

2・子供の幼稚園の入園、妻の妊娠など、妻のライフスタイルは住宅購入後も変わる可能性が大きい。

3・夫の仕事も絶対続くとは限らない。次の仕事も今と同水準の収入とは限らない。

確かに、夫の年収だけでは買える家は限定されてしまう。

吾輩だって、住宅購入時は年収300万。いや、その年収じゃ、買える家はかなり限定されたけどさ。

それでも妻が働いて、夫婦の世帯年収で計算して家を買うって選択肢がない訳ではなかった。

けど、吾輩はその選択肢(世帯年収での住宅ローン)を選ばなくて正解でございましたぞ。

 

世帯年収で住宅ローン返済のシュミレーションをすれば、買える家のグレードは上がるけど、その後の返済は120%大変だ。

特に子供の成長に合わせてライフステージが変わると、返済に無理が出る時期も出てくるでしょう。

仕事を辞めたいのに辞められないって、吾輩はそんな生活、したくありませぬからね!

欲しい家があって、住宅ローン返済を妻の年収を合算した世帯年収で考えているなら、その後のマイホームライフはキツイ生活になるかもしれませぬぞ!

ゆとりある生活は、ゆとりある住宅ローン返済から!身の丈のあった家が一番快適でございますよ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。