営業に向き不向きは絶対ある!営業に向いている人の8つ性格!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、新規開拓専門の営業マンでございます。

 

吾輩、営業マンを7年間をやってみて分かったのは、営業には「向き不向き」があるということ。

でも個別に見れば、口下手でもいいし、おしゃべりでも問題ない。

 

じゃあ、営業に向いている性格とは何か・・・!?

 

それがよく分かるのは、「小さい子供の性格」である。

よーく思いだしてみよう!子供が親に甘える、アレでありますぞ。

 

そこで今日は、営業に向いている性格についてまとめてみましたぞ。

 

スポンサーリンク
小さい子供は、実に交渉が上手い! 

da7543a8644a5bf25320e58c35aa1245_s
吾輩、いつも思うけど、小さい子供ってめちゃくちゃ交渉上手でありますよね。

営業のプロがそう思うのであるから、相当上手いよ、子供は。

 

吾輩の子供たち(3歳と1歳の兄弟)も、もちろん交渉上手。

いつもママにだだこねて、お菓子を勝ち取っているのだ。

長男
ママー、お菓子ちょうだい!
今日はもう食べたでしょ!
長男
やだー、まだ食べてないよ!
いや、さっき食べたでしょ!?
長男
やだ、まだお腹すいてるもん!
しょうがないね・・・じゃあ、ゼリー1個だけね!
長男
ぐしし・・・

これ、吾輩の家庭の何気ない1コマであるけど、営業目線で見たら、ものすごく交渉が上手いことに気が付く。

そこで小さい子供の性格を例にとりながら、営業に向いている人の性格についてまとめていこう。

 

営業に向いている性格は!? 

営業で結果を出す人は、色んな性格の人がいるから、「こんな人が営業に向いている!」って断言するのは難しい。

けど、今から挙げる性格は、どんな営業マンにも当てはまることだ。

つまり、この性格なら「間違いなく営業に向いている!」ということでありますぞ。

 

可愛がられる、許される人間関係を作っている。


PASONA_9_TP_V
営業に向いているのは、「お客さんに可愛がられる」、そして失敗しても「許される関係」が作れる人である。

お客さんに可愛がられると、優先的に注文してくれたり、さらに失敗しても許してくれたりと、本当にメリットが多いよね。

 

営業という仕事は、一生懸命やればやるほど、失敗の数も多くなるもの。そんなときにミスをしても、お客さんから「可愛がられる営業マン」だったら、不思議とそのミスが許されるのだ。

これがお客さんに可愛がられなくて、失敗したら厳しく追及されちゃう性格の人だったら、たった1回のミスで「取引終了」となりかねない。

さらに恐ろしいのは、1回でも「許されない」経験をすると、ミスが怖くなってリスクが取れなくなってしまうことだ。

リスクが取れないと、営業マンとしては苦しくなってしまう。目の前にチャンスがぶら下がっても、リスクが怖くてダッシュできないからね。

 

だから「お客さんから可愛がられる性格」は、ものすごく営業に向いているのだ。


お客さんにとって、「かわいい」はものすごく得。だから吾輩、30をすぎたオッサンになっても、一生懸命、愛嬌をふりまくのでございますよ。

 

お客さんに一生懸命アピールできる!手抜きしないで、熱弁できる!

-shared-img-thumb-freee151108028752_TP_V
営業に向いている人は、「営業トークが上手い」、とか、「口下手で物静か」とか、言われているけど、正解は「そんなのどっちでもいい」だ。

要はそんなことは、大して重要ではないってこと。

 

営業マンにとって重要なのは、「一生懸命、アピールすることができるかどうか」なのでありますぞ。

 

吾輩、新人の頃は、自社で扱っている商品が何なのかすらよく分かってないまま営業に出かけていた。

当然お客さんから、「この商品は何?」って聞かれるけど、全然分からない。だから「すぐ調べます!」って、一生懸命に答えるたのだ。

 

でも、逆にこれがよかった。

 

商品のことが分からないなりにも、一生懸命売ろうとして「熱弁」をする。帰社して調べるのも必死だったし、見積出すのも、常に本気だった。

きっとこんな熱意がお客さんにも伝わったのだね。そんな熱意で、新規口座を勝ち取れたよ。

やっぱり人の感情を動かすのは、「熱意」なのだ。「技術」じゃ人は動かないってね。

 

それをよく表しているのが、小さい子供だ。

彼らは上手にしゃべれないのに、自分の要求を必死に必死に伝えようとしているのだ。

そんなひたむきな姿に親は、胸をキュンキュンさせちゃって、一生懸命彼らの言葉を聞こうとしてしまう。

営業に向いているのは、営業トークが上手い人でもなく、口下手で物静かな人でもない。

お客さんの為に、一生懸命、「熱弁」できる性格の人が向いているのでありますぞ。

 

ターゲット選定が上手い!相手がかまってくれると思ったら、一気に攻める!甘える!

-shared-img-thumb-AL101_natuin0320140830001_TP_V
営業に向いている人は、ターゲットを選ぶのが本当にうまい。

100件、担当しているお客さんがいたら、その100件のお客さんを平等に扱うのではなく、そのうち売上の上がりそうな10件を選択して労力を集中させているのだ。だから、売上が伸びるのだね!

 

これも見習うべきは、小さい子供。小さい子供って、みんなに甘えているようで実は違う。

数ある大人の中で、甘やかしてくれる人を早々に見抜いて、その人を集中的に攻めているのだ。

 

とくにターゲットにされやすいのは、「若くてキレイなお姉さん」であるよね。

もう吾輩の子供たちなんて、そんなお姉さんを見かけたら無条件で「かまって、かまって!」って近寄っていくし。

そんな小さい子供は、実に素晴らしい営業センスのある営業マンと言えますな。

選択と集中。吾輩も見習わなくてはいけませぬな。

 

お客さんの要望によく気が付く。いいと思ったことはためらいなく実行に移せる。

-shared-img-thumb-freee151108378726_TP_V
営業に向いている人は、お客さんが欲しいモノ、して欲しいコトによく気が付いて、それを実行するのが実に早いのだ。ためらいなく実行できる。そんな人はまさに営業に向いている。

 

でも吾輩もそうであるけど、「あ、これやった方がいい!」と思っても、それを実行に移すまでに時間がかかってしまうことがあるのだ。

それは周りの目だったり、自分に自信がなかったりして、つい二の足を踏んでしまうのであるよね。

でも二の足を踏んでしまった結果、みすみすチャンスを見逃すことに繋がってしまうのだ。

 

しかしこの点、小さい子供には本当に迷いがない。そう、何のためらいもなく、「いいと思ったこと」を実行できる力があるのだ。

例えばお手伝い。

幼稚園の先生が「誰かお手伝いしてー!」って一声かけたら、その瞬間に園児がわらわら集まってきて、お手伝いの争奪戦になる。

いやもうね、ホント大人が見習うべきであるよね、これは。

二の足を踏まないで、その瞬間にダッシュできれば、チャンスをつかむ確立はグーンと上がりますぞ。

 

気持ちの切り替えが早い。失敗しても、すぐ次の仕事に向かってダッシュできる。

9c726da6ee9f9e08646c9d9d7219d661_s
営業に向いている人は、気持ちの切り替えが早い。

今さっきまで怒られていたのに、もう次の仕事に向かって走りだしちゃうからね。

 

吾輩、営業を7年間やってきて思うのは、営業マンは「失敗を恐れた時点で、アウト」ということ。

営業マンの目的は、「売上を伸ばすこと」であって、「売上の維持」ではないのだ。売上の維持だけなら、営業マンなんて必要ございませぬから。

売上を伸ばすって、ものすごくリスクがあるのであるよね。だって、常に挑戦しないといけないから。

でもやっぱり挑戦には、紙一重でリスクがあるのだ。

だから挑戦の多い営業マンは、失敗も多い。だから売上の多い営業マンは、失敗も多い。これは間違いなくね。

 

そんな失敗の多い営業の仕事だからこそ、1つ1つの失敗に囚われていたら、長く続けられないのだ。鬱になってしまいますよ。

失敗しても、次の瞬間には水に流して、次の案件に動ける!
そんな人は、間違いなく営業に向いていますな。

 

断られてもへこまないで、食い下がって交渉できる。

-shared-img-thumb-max16011542_TP_V
1度や2度お客さんに断られても、食い下がって、自分の要求・主張を出来る人は、営業に向いている。

営業なんて、1回、2回断られるのは、もはや「当り前」。当たり前すぎて、1回の営業でとんとん拍子で交渉が進んだら、逆に吾輩は疑ってしまうぞ!これは罠なのか!?って。

そう、営業なんて、断られてから始まるのだ。そこからがスタートなのだ。

 

「要りません」

「あ、はい、わかりましたー!あざーっす!!」

で、終了したら、マジで食っていけませぬよ。

 

「要りません」と断られても、なんとなく売れそうなお客さんなら、また後日しれーっと営業しちゃう訳ですよ。

何度食い下がっても断られるなら、「代替案」を準備しておくのも大切。

よく吾輩の子供が、

 

「お菓子食べたい!」

「今日はもう食べたでしょ!」

「やだ、食べてない!食べたいよう!」

「さっき食べたでしょ!?」

「やだ、まだお腹すいてるもん、食べたい!」

「・・・じゃあ、ゼリー1個ね・・・」

 

っていうやり取り、これ完全に「代替案」であるよね。

いつの間にか、「お菓子が食べたい」っていう要求が、「まだお腹すいているから、何か食べたい」って変わっていて、「ゼリーなら、カロリー低いからいいかな」っていう代替案を勝ち取ってしまうのだ。

断られても食い下がって主張する、これ、営業マンはよーく見習うべきでありますな。

 

謝るときは、素直に謝ることができる。

-shared-img-thumb-LIG86_ayamarasetarakachi_TP_V
ミスしてもいい訳ばっかりして、巧みな営業トークで逃げ切る営業マンは、営業には向いていない。

それとは逆に、ミスしたら潔く謝ることができる営業マンこそ、営業に向いている。

営業にとって大切なのが、その営業マンの「信用」、「信頼」なのだ。吾輩も7年間営業やってて、これほど重要だと痛感したことはない。

 

お客さんからの信用・信頼を勝ち取るには、営業マンの「誠実さ」が必要なのだ。

だからミスしたときに、素直に謝ることが必要なのであるよね。

ミスをしてしまった時に、「いい訳して逃げたい」、「責任逃れをしたい」って気持ちは、痛いほどによく分かります。でもそれをやってしまうと、営業マンとして1番大切な信用・信頼を失ってしまうのだ。

ミスしてもいい訳しないで、しっかりと謝罪し、説明責任を果たせる人、そんな人こそ営業に向いている訳でございます。

 

理不尽な要求でも、平然と主張できる。

bsGREEN_YU20140125
そして最後に、営業に向いている人は、これができる人なのだ。

それは「理不尽と思う要求でも、平然とお客さんに主張できること」であるぞ。

 

これね、ホント心が痛いのであるよ、だって自分でも「ああ、意味不明なことを言ってるな・・・」って思うときあるからね。

例えば値上げの依頼でも、その値上げの理由が、「生産が縮小するから」という時があったのだ。

いやいや、そんなんメーカーの身勝手ではございませぬか!?勝手に生産縮小して、値上げして採算を取るって、どんだけメーカーの勝手なの!?っと、内心思うのだ。

 

でも、それでもお客さんに、「値上げです!」と、強く主張しなくちゃいけないのだ。

理不尽でも主張をしなければ、取引の主導権が「お客さん」になってしまうからね。

お客さん主導での取引を続けていると、売っても利益が出ない。つまり、やるだけ無駄っていう状態になってしまうのであります。

そんな状態になると、営業マンは、会社での居場所がなくなっちゃいますぞ。

営業マンはお客さんの為に尽くすべきであるけど、それ以前に自社に自分のポジションがなければいけないってね。

 

理不尽な要求をして心を痛めた時は、ぜひ小さい子供の事を思い返してみよう。

彼らはものすごい理不尽な要求を平然と主張しておりますからね。

 

「ママ、ボクもうお腹いっぱいなの・・・」

「そう、ごちそうさまね」

「ママ、なんかお菓子食べたい!」

「え、お腹いっぱいなんでしょ!?」

「やだ、なんか食べたいよー!」

 

こんな理不尽な要求をそのまんまお客さんにしたら、確実に嫌われるけど、これぐらいの「心意気」は必要だね。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう。

営業に向いている人の性格は、次の8つでありますぞ。

1・お客さんに可愛がられる、失敗しても許してもらえる。

2・お客さんに一生懸命、アピールできる、手抜きしないで熱弁できる。

3・お客さんのターゲットの選定が上手い。売れると思ったら、一気に責められる!

4・お客さんの要望によく気が付ける。いいと思ったことは、躊躇なく実行できる!

5・気持ちの切り替えが早い。

6・断られてもへこまないで、食い下がることができる。

7・謝るときは、素直に謝ることができる。

8・理不尽な要求でも、平然と主張できる。

営業マンには、口下手な人もいれば、よくしゃべる人もいる。

けど、どの営業マンにも共通して言えるのは、上の8つであるね!これは間違いなく!

 

そしてこの8つは、どれも小さい子供には当てはまること!

営業の適正に悩んだら、ぜひ小さい子供を見てみよう!

彼らは本当に交渉がうまい!今日もパパとママを悩ましているぞ!ぜひ参考にしよう!

 

それでは、アディオス!

 

あなたの営業マンとしての市場価値がわずか10分診断できる!(無料)

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。