営業マンは直感で動け!営業マンに直感が必要な理由と鍛え方!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

売上分析!顧客分析!データ分析!

データとにらめっこしていたって、絶対に売上なんて上がらないよ!

 

売上アップに1番必要なもの、それは営業マンの「直感」でございますから!

それが営業を7年間やってきている吾輩の結論なのだ。

 

そこで今日は、営業マンにとって、そして売上を上げる為に「直感」が1番必要な理由について書いていくよ!

 

スポンサーリンク
他社を出し抜け!「直感」で行動するメリットは、こんなたくさんある! 

営業マンが己の直感で行動すると、実はこんなにメリットがあるのだ!

 

他社に先駆けて行動し、他社を抑えつけることができる。

-shared-img-thumb-BL002-koe-yo20140810_TP_V
確証を得るまで行動できない営業マンは、致命的であるぞ!

それだけで、直感だけで動ける営業マンより「後手」になってしまうからね。

 

営業の世界では、「後手」ほど致命的なものはないよ!

相手に先を越されただけで、本来は売れるべきものが、相手に抑えつけられてしまって売れなくなってしまうから不思議なのだ。本当は売れるべきだったのにね。

 

逆に他社に先駆けて先手が打てれば、後はとにかく攻め続けることができるのだ。

攻めて、攻めて、攻めまくる!

それができるのは、確証を待たずに直感で行動できた営業マンだけでありますぞ!

 

だから試しに直感で行動して、他社よりも先に安い見積を出してみよう!

それだけで、他社は後手に回り、防戦一方になるからね。「攻め」と「守り」では、気持ちの持ちようが全然違うのだ!

 

直感は外れても「おいしい」!外れても、営業的には「大成功」!

-shared-img-thumb-PASONA_17_TP_V
直感は当たるときもあれば、もちろん外れるときもあるのだ。

そんな100発100中みたいな、スーパー営業マンにはなれませぬな、吾輩は!

だから吾輩は、直感が当たると同じくらい、いやそれよりも多く、直感が外れることがあるのだ。

 

でも直感のいいところは、外れても「おいしい!」ってところであるよね!

 

新商品を提案するときも、吾輩は直感で商品を選定して、他のどの業者よりも早くお客さんに提案しにいくのだ。

結果、全然直感が外れて、的外れな解答をしてしまうことも多々ありますぞ!

 

 

だがしかし!この失敗、実は営業的には「めっちゃおいしい」ということ、ご存じでございましょうかね!?

 

まず我先にお客さんの元に駆けつけられれば、それだけでお客さんはまず「やる気」を評価してくれる。

 

そして仮に直感が外れて的外れな解答をしても、その場で正解のヒントが貰えるのだ。

そのヒント、他の業者はまだ知らない、貴重なヒントかもしれませぬからね!ぐししし・・・!

 

さらにさらに、営業マンにとって、お客さんと面会できるチャンスって、実はとっても貴重。

その案件をネタに、何度も面会を重ねてしまえば、もしかしたら別の引合いを貰える可能性だってあるかね。

 

ほら、直感で行動するだけで、1度で3回もおいしいではないか!

しかもリスクはほぼゼロ。直感が外れて、契約破棄!なんてリスク、どこにもないからね!

 

 

直感を鍛えよう!お客さんの小さな反応も見逃すな! 

営業マンにとっても、そして売上を上げる為にも必要な「直感」。

これを鍛えるには、日々のお客さんとの営業トークで鍛えるのが1番であるぞ!

 

お客さんの小さな表情の変化から、「買う」「買わない」を見極める!

-shared-img-thumb-max16011542-2_TP_V
まず直感を鍛えるには、このトレーニングから始めてみよう!

営業マンにとって、そのお客さんが「本当に買うお客さん」なのか、それとも「ちょっと値段聞いてみただけなお客さん」なのか、見極めることはとっても重要。

それが見極められないと、いつまでたっても「的外れな営業」をしちゃうからね。

 

 

吾輩が直感で判断するとき、「胡散臭い」と思ったら、それはほぼ「買わないお客さん」である場合が多いね。

 

・初めて訪問したのに、やけにフレンドリーに接してくる。

・最初から値段の話題しかしない。興味のポイントが値段しかない。

・最初から、全くこちらの話を聞く気がない。

 

営業は人と人との会話なのだ。その会話の中で「うさんくさっ!」って思ったら、それは「買わない」場合が多いかな。

ええ、直感的にね!

 

お客さんの「漠然とした欲しい商品」の中から、欲しい商品を見つけてあげる!

-shared-img-thumb-max16011518-2_TP_V
直感でお客さんの「買う」「買わない」が大体当たるようになったら次のステップであるよ!

 

次は直感で、お客さんの欲しい商品をばしっと選び当ててあげるのだ!

 

営業していると、お客さんから「こんな商品が欲しい」と、ものすごく漠然とした相談を受けることが多いのだ。

そんな「漠然とした相談」が来たら、それは直感を鍛えるチャンス到来でございますぞ!

 

その場であれこれヒアリングしたい気持ちをぐっと抑えて、「漠然とした情報」を元にお客さんが欲しいモノを想像するのだ。

もちろん、判断材料は「直感」でございますぞ!

 

そのお客さんはどんな仕事をしていて、どんなことに困っていたか。

どんなことをする為に、どんな商品を探しているのか。どんな商品があれば便利か。

 

そう、直感と言う名の「妄想」でございますな!吾輩、妄想族でございますので、妄想はお任せあれ!

 


お客さんの欲しい商品を直感で当てられるようになると、お客さんの満足度が劇的にあがるぞ!

 

さらに他社がヒアリングしている間に、さっさと商品を提案できちゃうから、他社を出し抜けるし。

先回りして提案できるクセにもなるし、この「直感」はぜひとも鍛えたいところでございますな!

 

悪い予感ほどよく当たる!嫌な予感がしたら、すぐに行動してみよう!

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
ここまでできると、「直感マスター」まであと一息でございますぞ!

 

お客さんの欲しい商品が「直感」で当てられるほどに直感が鍛えられると、なんと今度は「悪い予感」が当たるようになるのだ!

いよいよ「第六感」と言う訳であるね!

 

営業でお客さんを訪問していると、「あれ・・・なんかおかしいぞ?」、「あれ、なんか話が違うぞ・・・?」と、思うことがあるよね。

 

そう、それが「悪い予感」であるぞ!

 

確証はないけれど、なんとなくイヤな予感がする。

確証はないけれど、なんとなく他社が売込みに来ている気がする。

 

はい、この時点でその「予感」を感じたなら、その「予感」、99%現実に起きてしまいますからね!

悪い予感ほど、よく当たるとは、まさにこのことであるぞ!

 

 

吾輩もお客さんのところで、「ん・・・おかしいな・・・」っていう経験はあるよ。

 

うちに注文出すって言ってたのに、注文まだ来ないな・・・、とか。

メールするって言ってたのに、まだメール来ないな・・・、とか。

昨日会ったときは、あんなにフレンドリーだったのに、さっき会ったら妙によそよそしかった・・・、とか。

 

こんなフラグを発見したら、それは確証を待たずに行動すべきであるぞ!

確証を得るまで待ってたら、他社に契約を持って行かれて手遅れになってしまいますからね!

 

 

営業マンに「直感」が必要な理由について、まとめるよ! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは、まとめよう!

営業マンに「直感」が必要な理由、そして直感の鍛え方は以下の通りであるぞ!

1・他社を出し抜き、他社を抑えつけることができる!

2・直感が外れても、営業マン的には実に「おいしい」!顧客の心を鷲掴みにしよう!

3・直感を鍛えるには、まずはお客さんの「買う」「買わない」の見極めから。

4・お客さんの欲しい商品を先回りして、提案しよう!もちろん、直感でね!

5・そこまでできると、「悪い予感」が的中するようになるよ!手遅れになる前に行動しよう!

吾輩、営業マンになるまでは、「慎重派」で確証を待ってから行動していたけど、それでは営業じゃ飯食えないから「直感派」になったのだ。

 


「慎重派」から「直感派」になって、1番変わったのは、「営業、楽しい!」って思うことが増えたことであるぞ。

営業の醍醐味は、やっぱり攻めること。他社を攻めて、攻略して、征服する。

 

この快感を味わう為に必要なことは、「他社に先駆けること」なのであるよね。

「後手」になった瞬間、それまでの攻めから、守りになってしまうのだ。守りは辛いよ!胃に穴あくぞ!

 


常に先手を打ち続ける為には、やっぱり「直感」が必要不可欠。確証を待っている営業マンを全員ブチ抜いてあげましょうぞ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。