サボりを摘発!営業マンをGPSで監視する時の5つの注意!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

「はい!では、外回りに行ってきます!」

そう元気に挨拶した営業社員は、本当に営業をしているのだろうか!?

この疑問を解決してくれるのが、「GPS」!そう、人工衛星からの電波を使って、なんと営業マンを「追跡」、「監視」してくれる優れモノである!

 

元気に挨拶して外回り(?)に消えていった営業マンは、いったい何をやっているのか、管理職のみなさまは、売上が上がらない日報を見ながら、イライラしていることでしょう!

 

でもこのGPSを使えば、営業マンの行動を常に監視、管理することができるのだ!

 

そんな便利なGPSを使えば、営業マンのサボりもなくなり、売上アップ・・・!!

と、思いたいところだけど、実は問題はそんなに簡単ではないのだ!

 

そこで今日は、営業歴7年の吾輩が、営業マンをGPSで監視するときの注意点について書いていくよ!

 

スポンサーリンク
GPSは営業マンのサボりの摘発には有効!でもサボりを摘発しても、売上は上がらない。

Green24_12gatu20141123114330_TP_V
外回りに行ってきます!!

そう言いながらも、向かった先はお客さんではなく、いつものサボりスポット・・・!そんな経験をした営業マンは多いはず!

え?吾輩?もちろん、経験あるよ!サボりだけなら、超・1流でございますから!

 

でもそんな営業マンにGPSをつければ、「いつ・どこに」、という位置情報がリアルタイムで監視できてしまう。

どんないい訳を考えたって、サボることはできませぬな。

 

だからGPSをつけると、営業マンのサボり摘発には、ものすごく有効であるね!

 

しかし、「営業マンのサボりを摘発できた!やった!これで売上も上がるぞ!」と、思うのはまだ時期早々!

いや、そもそもこれは問題の根本が違うのだ!

 

営業マンにGPSを付けて行動を監視しても、売上アップとは無関係。

それまで売上が下がり続けていたなら、今後も順調に下がり続けるであろうね!

 

 

GPSをつけても売上アップしないのは、「営業マンの質」が問題だから!サボりが問題ではないよ!

bsfreee151108298700
GPSをつけて営業マンを監視すれば、サボりを防いでちゃんと営業させられるから、きっと売上も上がるだろう!

そう思ってにやにやしたい気持ちはわかるけど、残念ながらそれは間違いなのだ。

 

GPSをつけても、売上は上がりませぬぞ!

 

確かにGPSをつければ、営業マンのサボりを見つけだして、「こら!サボるな!」と、言えるよね。恐ろしや。

でもGPSをつけただけで、売上が上がらないのは、営業マンそのものに問題があるからなのだ。

 

言葉使いが乱暴だったり、依頼された案件の処理が遅かったり、交渉にめっちゃ弱かったりと、売れない要因はさまざま。

だからGPSをつけて、営業マンの行動を監視しただけで、売上は上がりませぬ。

 

そもそも、その質の悪い営業マンを再教育しなければ、売上アップはほど遠いですぞ!

ええ、GPSつけただけで売上が上がるようでは、こんな営業のノウハウを一生懸命書いている吾輩なんて、お払い箱ではございませぬか!!

 

GPSだけでは、売上は上がりませぬ!だから吾輩みたいな、優秀(!)な営業マンが必要なのであるぞ!・・・よし、言い切った!

 

 

GPSをつけるなら、社員には公表しないこと!公表すると、ストレスでパフォーマンスが下がるよ!

cb3c353644ef8cbc855ff49d769dfdf3_s
だからと言って、「GPSをつけるのは意味がない!」、ということではないぞ!

GPSをつければ、営業マンのデータがリアルに蓄積できるという、大きなメリットがあるのだ!

 

そんな「できない営業マン」のデータなんてどうでもいいから、「できる営業マン」の外回りのデータって、超・貴重で、めっちゃ欲しいよね!

吾輩も売上2億(年間)達成したけど、やっぱり外周りには「コツ」があるもんでね。でも、聞かれない限り、その「コツ」は教えない。ええ、有料なら教えますが・・・!

 


でもGPSをつければ、そんなできる営業マンの外回りデータを習得できるのだ!しかも、タダで!最高だね!

 

だがしかし!GPSをつけるなら、1つ徹底したいルールがあるぞ!

それは、「絶対に社員には公表しないこと!」であるよ!そう、絶対に何があっても、GPSの「じ」の音も出さないでね!

 

その理由は、GPSで監視されるって、ものすごくストレスだからであるぞ!超ストレスフルな営業の仕事を、さらにストレスフルにしてしまうのであるよ!

ええ、これは溜まりませんぞ!きっと、みなさんが思うより、さらに「想像以上のストレス」であるよ、これは。

 

イメージとしては、常に怖い上司と行動していて、しかも仕事中だけじゃなく、お昼ご飯、さらにはトイレまで怖い上司と常に歩いているイメージであるぞ!

あー。思いだしただけでまたストレス・・・!ハゲるわいっ!!

 

そんな状況で仕事しろって、言われても正直イヤであるよ、吾輩。

1日、2日ならまだ我慢できるけど、これが1週間、1カ月と続くようなら、いい加減ストレスでヘトヘトになる。

 

本来はお客さんとの交渉に全力で臨みたいところだけど、そんな状況だったら、いつも通りのパフォーマンスをすることは難しいですな!

 

そんな可哀そうな営業社員を量産しない為にも、GPSをつけていることは内密にお願いしますぞ!

ではないと、吾輩みたいにストレスで髪が1本、また1本と抜け落ちてしまいますからね!

 

 

GPSを付ける前に、社員教育を徹底しよう!できない営業マンをばら撒いたら、お客さんに嫌われるぞ!

-shared-img-thumb-freee151108028752_TP_V
それからGPSを付ける前に、必ず社員教育を再度徹底しよう!特に「問題児」ほどしっかりね!

 

GPSをつけると、それまでサボっていてお客さんを訪問しなかった(かもしれない)営業マンが、お客さんをちゃんと訪問するようになる。

それは本来嬉しいことなんだけど、こと「問題児」がお客さんを訪問すると、必ずと言っていいほどトラブルを持ちかえってくるのだ。

「君!ずっと社内にいたまえ!!」っていう話であるね!

 

正直、そんなレベルの営業マンなんて、お客さんのところには行かない方がマシであるから!

お客さんからの問合せを「優秀な事務員」が的確に処理した方が、遥かに売上アップに結び付くよ!

 

GPSをつけると、それまで起きなかったトラブルが起きるかもしれない。だからGPSを付ける前に、社員教育を徹底しておこう!

勤続年数長くて、長老みたいな営業マンでも言葉使いが汚いことがあるから、基本の「キ」から始まる営業研修がいいかと!

 

 

GPSをつけるなら、完全成果主義にすべき!優秀な営業マンの流出を防ごう!

-shared-img-thumb-OY151013249932_TP_V
GPSにはメリットもあるけど、デメリットもあるのだ。

それは、「できる営業マン」のモチベーションが下がることであるよ!

 

「できる営業マン」は、仕事のスピードも早いから、同じ売上でも短時間で売っちゃうことができるのだ。

だからできる営業マンは、ノルマを1日でも早く達成して、残った日数は余裕を持って次の仕事の準備をするのだ。

 

え、何が言いたいか分からない?では、ずばっと言いましょう!

 

「できる営業マン」は、早く仕事をやって、ゆっくりサボる!

 

と、いうことですぞ!大きい声では言えませぬが!

 

 

これがあるから、営業という仕事は「やりがい」があるのだ。一生懸命やれば、「給料も増える」し、「自由時間も増える」ってね。辛い仕事だけどさ。

 

でもこれがGPSで常に監視されてしまうと、一生懸命早く仕事をやっても、ゆっくりサボることはできない。

 

そう、言いかえれば、「クリエイティブな時間」が奪われてしまうのであるぞ!

言いすぎ?いいえ、そうですぞ!ゆっくり過ごす時間がなければ、次の一手が思い浮かびませぬからね!

 

サボる時間がなくなるだけだったら、まだいい。

最悪なのは、一生懸命仕事して売上も上げたのに、給料が上がらなかったときであるね。

 

こんな給料システムだったら、なんの為に一生懸命売上上げるのか、全然分かりませぬぞ!

だったら、他社の「歩合制」の給料の方が、遥かにやりがいあるよね。それが正社員じゃなくても。

 

だからGPSをつけるなら、営業マンの給料は完全成果主義にすべきなのだ。

 

優秀な営業マンほど、GPSで束縛されるのは嫌うはず。

悠長に「うちは年功序列で!」なんて言ってると、本当に優秀な人から抜けて行って、残った社員は使いモノにならない営業マンばっかりになっちゃうぞ!

 

 

営業マンをGPSで監視するときの注意について、まとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

営業マンをGPSで監視するときは、以下のポイントに注意しよう!


1・GPSは、営業マンのサボりの摘発には超・有効!でもそれだけでは売上は上がらないよ!

2・売上が上がらないのは、「営業マンの質」が問題で、サボりが問題ではないよ!

3・GPSをつけるなら、社員には絶対公表しない!ストレスでパフォーマンスが落ちるよ!

4・GPSをつける前に、社員教育を徹底しよう!できない営業マンをばら撒いたら、お客さんに嫌わるよ!

5・GPSをつけたら、完全成果主義の給料にすべき。優秀な営業マンが他社に流れるよ!

ちなみにGPSをつけて、どうなったか?という面白い裏話があるのだ。

 

ある営業マンにGPSをつけた結果、その日から急に営業車のスピードが遅くなった。

これは明らかに、時間稼ぎ。

 

さらにお客さんまでの道のりが、直線ルートではなく、無駄に路地に入って遠回りするようになった。

これも明らかに、時間稼ぎ。

 

もっと面白いのは、広大なショッピングセンターの駐車場で、ぐるぐると走り回るようになった。

・・・これは・・・一体なんのつもりなのだろうか!?

 

GPSは使い方を間違えると、そんな謎の営業マンを量産してしまうぞ!

 

ぜひとも上のポイントを押さえて、正しく活用しよう!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。