本当にあったマイホームブルー。夢が叶ったのに気分が落ち込むのはなぜ?原因と対策は?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

皆様はマイホームブルーという言葉をご存じでいらっしゃいますでしょうか。

○○ブルーという言葉で有名なのは、マリッジブルー(結婚前後)、マタニティブルー(出産前後)がございますよね。

しかし「マイホームブルー」とは一体・・・!?マイホームの夢を叶えたはずなのに、なぜにそんなブルーになるのでしょうか。贅沢ですねえ・・・。

ザク男爵
やった!ついに夢のマイホームを手に入れたぞ!これで妻も喜んでくれるはず!

ねえ、妻!・・・つ、妻・・・?

あー・・・・、家買っちゃったなー・・・・。家、買っちゃんたんだなー・・・。じめじめじめ・・・。

マイホームブルーなんて関係ないと思っていたら、すぐ側で妻が発症しておりました。

そこで今回はマイホームブルーになってしまう原因と対策について書いていきましょう!

スポンサーリンク

マイホームブルーの原因は?

念願のマイホームを買ったのに、どうして気分が落ち込んでしまうのでしょうか。

その原因は次の4つでありますぞ。

 

「買ってしまったら、もう引き返せない」という恐怖。

マイホームブルーの原因。それは「家を買ってしまったら、もう引き返せない」という恐怖でございます。

契約書に印鑑を押してしまったら最後、後は住宅ローンを背負って35年間返済を続けるしか道がございませぬ。その道から逃れる為には、違約金を支払って契約を破棄するしかありませぬからね。

だから契約をする前後で、このマイホームブルーが発症してしまう訳でございますな。

ザク男爵
・・・はて、冷静に考えると、本当にこの家にしてよかったのだろうか?いや、そもそも家を買う必要はあったのだろうか?

ああ・・・なぜ吾輩は契約書に印鑑をついてしまったのだ・・・どどどどうしよう・・・

契約書に印鑑を押した後、もう逃げられないという恐怖が一気に襲いかかってくるのであります。

 

理想を叶えられず、後悔する。

そして理想の家を叶えることができずに後悔し、マイホームブルーになってしまう場合もある。

念願のマイホームがたまたま予算内で買えたらラッキーだけど、多くの場合は限られた予算の中で家を買わなくてはいけない。その為、何を妥協するのか、諦めるのか、取捨選択しなくてはいけないのであります。

しかし妥協、取捨選択するものを選び間違ってしまうと、心の中にわだかまりが残ってしまうのであるよね。

本当はかわいい家がよかった・・・。お花がいっぱい咲いている家がよかった・・・。ちょうちょさんがいっぱい飛んでくる家がよかった・・・。

家は一度買ってしまったら、この先何年も何十年も付き合うもの。だからこそ、住宅購入前後で「本当にこれでよかったの?」と不安定な気持ちになってしまうのだ。

 

「この土地に縛られる」、という呪縛。

そしてマイホームブルーの原因で知っておいて欲しいのが、「この土地に縛られる」という呪縛に襲われることだ。

家を買うことで、安定した住まいを手に入れられる反面、その土地に縛られて他のどこにも行きようがなくなってしまうのであるよね。

 

夫の仕事の都合で、実家の遠くで暮らしているけど、いつか実家の近くに引越し・移住したい。

そんな淡い期待は、家を買うことで逆に実現が遠のいてしまうことになってしまう。

 

これは実際に吾輩の妻がこの原因でマイホームブルーになりましたぞ。妻の実家は栃木から遠く離れたところ。妻としては「いつかきっと実家の近くでみんなで暮らせたら・・・」という淡い期待があったようでありまして。

そんな妻の淡い期待は、家を買うことでもろくも崩れ去ってしまったのであるよね。

そっか。これでもう実家には帰れないのね。くすん・・・お母さん・・・。

「マイホームはうれしい。だけど・・・。」そんな複雑な心情がマイホームブルーになってしまう原因になるのであります。

 

先の見えないトンネルを進む、住宅ローン。

住宅ローンが完済できるか分からない、不安だ。そんな気持ちからマイホームブルーになってしまう場合もある。

住宅ローンは35年という長い期間かけて返済する借金でございます。文字で「35年」と書くと一瞬で書けるクセに、いざ返済するとなると、途方もない時間がかかる訳でございます。吾輩は30歳で家を買ったから、完済時は65歳でございますよ。

ザク男爵
わ、吾輩が65歳ですと・・・!?おじいちゃんが亡くなったのは、確か67歳だったような。

・・・住宅ローン完済して2年で、吾輩は死んでしまいますがこれは一体・・・!?

正直、住宅ローンを借りるときは完済のときのイメージなんて想像もできませぬ。シュミレーションで計算することはできても、完済時のイメージは想像できませんね。

契約書を押す前夜、引き渡しの日が近づいてきた頃、ふとした瞬間に「完済できるのか?」という恐怖に襲われるのだ。

その結果、念願のマイホームなのに、なんだか気分が落ち込んでしまうマイホームブルーになってしまうのであります。

 

マイホームブルーの対策は?

マイホームブルーになってしまう原因は分かったけど、一体どうしたらマイホームブルーにならないで済むのでしょうか。

後悔しない為に、納得するまで検討する。

マイホームブルーにならない為には、住宅購入において納得するまで検討を重ねることが大切だ。

住宅購入は予算の上限や住宅ローンの限度額もあり、希望のすべてを叶えることは難しい。しかし、だからと言って中途半端な検討で諦めると、契約した後、買った後に後悔する結果になってしまいますぞ。

予算の都合で建売住宅を検討している方もいらっしゃるかもしれませぬ。

しかし、本当に建売でいいのか。買ってから後悔しないのか。本当は注文住宅が欲しいなら、一度注文住宅を検討するだけでもした方がいいですぞ。

吾輩は建売住宅も注文住宅も、そして中古住宅も検討した上で、建売住宅を買うという結論を導きだしたのでありますから。

ザク男爵
注文住宅ねえ・・・実によかったねえ・・・。あんな家に住めたら素敵だねぇ・・・。

・・・値段さえ安ければね。

建売住宅、注文住宅、納得するまで検討した上で、結論を出せばいいのです。

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

 

家のありがたみを再認識してみよう。

もしもマイホームブルーになってしまったら、もう一度家のありがたみを再確認してみよう。

本来、家が買えるとは誠にありがたいことでございますよ。賃貸のように部屋を借りるのではなく、名実ともに自分の家になる訳ですからね。ある日突然、「出てけ!」なんて言われることがない訳ですからね。

そんな持ち家の安定感は、これからの生活の基盤をより強固にしてくれますぞ。多少社会の荒波や世間の厳しい風が吹いたぐらいでは、ちっともぐらつきませぬよ!

 

ちなみに吾輩は無職のときに妻と住めるアパートを探していた時期がございまして。

しかし当たり前けど、無職だと誰も部屋を貸してくれないのであるよね。もうね、住む場所がない、帰る場所がないって経験はこりごりでございますよ。

ザク男爵
だ、誰か吾輩に部屋を貸して下さいませぬか!?ちゃんと働いて家賃は滞納致しませぬので!

毎日寝て起きれるだけの部屋でもいいです、誰か・・・誰か・・・

そんな経験から吾輩は、毎日夜安心して寝れて、毎日帰れる場所があって、毎日待ってくれている人がいる、という当たり前の幸せに自然と涙が出てしまうのであります。

ザク男爵
仕事から帰ってきて、目の前に建つ家を見ると、本当に感極りますぞ。

ここが吾輩の帰る家なんだぞっと。

住宅購入前後は気持ちも不安定になってしまうもの。そんなときは、安心して住めるありがたみを再確認してみよう。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

マイホームブルーの原因と対策は次の通りでありますぞ。

【マイホームブルーの原因】

1・「買ってしまったら、もう引き返せない」という恐怖。

2・理想を叶えられず、後悔してしまう。

3・「この土地に縛られる」という呪縛。

4・住宅ローン返済が不安。

【マイホームブルーの対策】

1・納得するまでとことん検討する。

2・家のありがたみを再確認してみる。

住宅購入前後は気持ちも不安定になりがちだ。「家が買える!うれしい!」と思った矢先に、とてつもない不安に襲われて気分が落ち込んだりする。

予算の都合上、希望の条件を全て叶えることは難しい。何かを諦めたり、取捨選択する必要がある。

だからこそ、何を諦めるのか、何を取捨選択するのか、納得できるまで検討することが大切でございますな。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。