クレジットカードの番号が流出!危険を防ぐクレカの管理と使い方!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

みなさま、クレジットカードの扱い方はどのようにしておられるであろうか!?

 

吾輩、実はクレジットカードの番号が流出してしまったことがあり、それ以降気をつけて管理しているのだ。

 

いやほんと恐ろしいよ、「あれ?」って思った瞬間、番号が盗まれていたからね。ええ。

この情報化社会、一体どこにスパイがいるか分かりませぬからね!

 

そこで今日は、クレジットカード番号の流出から学んだ、クレカの管理方法と使い方についてまとめていくよ!

 

スポンサーリンク
クレジットカード番号が流出したのは、「ヤフーショッピング」で、家電を「1番安い出品者」で買った時!

6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s
ネットって本当に便利。

いつでも欲しいモノが、欲しいときに買えるって最高であるよね。ほんと、ネット社会に吾輩を生んでくれた母上には、心底感謝しますぞ!

 

でも便利は紙一重で「恐怖」になるのだ!

 


吾輩のクレジットカード番号が流出してしまったのは、「ヤフーショッピング」で家電を買った時であるよ!

 

確かね、そう「電気ポット」が壊れたから、買い直したのだ、吾輩は。

その頃の吾輩は、ネットショッピングにはまっていて、「1円でも安い店」、「1ポイントでも多く貯まる店」で買い物していたのだ。

で、電気ポットをいつものように「1番安い店」で購入したのだ。ぽち

 

 

しかし無事に商品も届いて支払いも済んだ頃に、クレジットカード会社から背筋が凍るようなメールが届いたのだ。

 

「ザク男爵様のクレジットカード番号が流出している疑いがあります。」

「近日中に新しい番号のカードを送ります。しばらくお買い物は控えて下さい。」

 

な、な、なんですとーーー!!!

 

便利すぎるネットショッピングにどっぷりはまっていた吾輩は、一気に現実(?)に引き戻された。

 

クレジットカードを使い始める前は、あんなにカードを使うことに抵抗があったのに、便利さに目がくらんで、ついつい「危険管理」をおろそかにしてしまったようだ!情けなし、切腹!

 

もちろん切腹などしない吾輩、今一度気を引き締めて、クレジットカードの管理、使い方を徹底するようにしたのだ!

では具体的に見ていこう!

 

 

怪しい出品者に注意!必ず「責任者」、「会社所在地」は確認しよう!

cda8333c11cc7214eaec3f75ac8392b3_s
ヤフーショッピングや楽天は、アマゾンと違って直販は少ない。

販売している商品のほとんどが、ヤフー、楽天に間借りしている「出品者」なのだ。吾輩、番号が流出するまで、「出品者が誰なのか」、全然気にもしなかったよ!

 

「どうせ、どの商品も一緒でしょ?誰から買っても一緒じゃないの?」

そう思ってた吾輩。そんなかつての吾輩、タイムマシンで戻れるなら、思いっきりひっぱたいて上げたい。

 

そう、出品者によって、全然対応が違いますからね!

 

よーく出品者を見てみよう!もしかしたら、日本人じゃない名前が書いてあるかもしれない。もしかしたら所在地は、プレハブ住宅かもしれない。

 

実際、そういう出品者も結構いるから注意しよう。

 

いやね、100円、200円安いからと言って、そんな「信用度が低い」出品者から、わざわざ買う必要ないからね!それ、リスクでございますぞ!

 

ちなみに吾輩がクレジットカードが流出したときの出品者は、日本人ではなかったのだ。あえて名前は出さないけど、あの国ですぞ、あの国。一人っ子政策の・・・・

 

その事件以降、吾輩は必ず「日本人かどうか」は、確認しているよ!自己防衛、自己防衛!

 

 

番号流出は一定確率で必ず起きる!だからクレカは、「用途を限定」しよう! 

7b851790d732a676b34aef9c32fa3ced_s
クレジットカードは本当に便利。小銭じゃらじゃらしなくても、買い物ができる。ネットでポチしたら、先に物が届いて、後日請求書がまわってくるだけ。いやー、楽すぎる!人間が腐りそうだ。

でもそんな「便利」に目がくらんでしまうと、吾輩みたいに番号が流出してしまうのだ。

 

番号流出を防ぐ措置はあるものの、人間の手が入るので、絶対に流出しない訳がない。つまり、一定確率で必ず番号は流出するのだ。

 

毎日毎日、何回も買い物のたびにクレジットカードを使えば、その回数分だけ流出する危険も増える。

 

その危険をできるだけ防ぐには、クレジットカードを極力使わないことであるぞ!

1日10回、カードを使う人は、間違いなく1週間に1回しか使わない人より流出に合う確率は高いよね!

 

 

でもこんなに便利なクレジットカードを全く使わない生活なんて無理。

だから吾輩は、下記のようなルールに従って使うようにしているのだ!

 

1・ネットショッピングだけで使う。スーパー、コンビニ、レストラン、など日常生活では使わない。

2・支払先は、「大手企業」、「信頼できる会社」にしか使わない。個人経営の飲食店には絶対使わないよ!

3・支払い額が少額ならクレカは使わない。クレカは、5万円以上の買い物だけに使う。

4・夫婦と言えど、クレカを共有しない。必ず決済は「本人」が自己責任でやる。

 

ルールを決めないと、クレカの便利さに流されて、ずるずると使ってしまうから危険!

だからクレカを使うルールをしっかり決めて、用途を限定して使うべきであるぞ!

 

 

買い物しても、お金を使った気にならないのがクレカ!クレカ決済でも、現金の減りが見えるようにしよう!


509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s
クレジットカードで決済すると、摩訶不思議なもので、「お金を使ってしまった!」、という心の悲鳴が聞こえてこないのだ。

 

クレカ決済をすると、心が所有欲で満ち足りてしまのだ。なんだね、この幸福に包まれた満ち足りた気持ちは!!

危険だ、危険すぎるぞ、クレジットカード!!

 

だからクレジットカードを使う時、必ず「現金の減り」が目に見える形にしなくてはいけないのだ!

 

そうしなければ、使っても使っても、無限に買い物ができる魔法の借金量産カードに変身してしまうぞ!

「現金の減り」を目に見える形にするポイントは、家計簿であるよ!家計簿は単なる今月の支出と収入の記録ではないからね!

 

吾輩はエクセルで家計簿を付けているけど、例えばクレジットカードで10,000円の買い物をしたとき、

クレカ現金見える化
購入前は、クレジット決済、「0」であるよね。ちなみにこの月の収支は-3,500円。赤字やないかい!

クレカ現金見える化2
クレジット決済で10,000円の買い物をしたら、赤枠に入力。

 

すると、その金額が収支に反映されるのだ!なんと-13,500円の赤字に拡大したではないか!?・・・ヤバす。

 

クレジットカードで決済すると、現金が減る痛みを感じられないのだ。それはよろしくない。

だから少しでも痛みを感じられるように、家計簿の「収支」に計算式を入力して、買った瞬間にダイレクトに反映される仕組みを作るといいぞ!

 


現金が減った痛みを感じられる仕組みは、便利さに流されない「ブレーキ」になってくれるはずであるよ!

 

 

カード明細は小まめに確認、必ず保存・保管しよう!

0767c7f5dc2757f682f27d66a6798565_s
クレジットカードも長い間使っていると、だんだんとその管理もめんどくさくなってくるのだ。

いや、ある意味理想的なのであるよ、その状態は。何もトラブルがないから、めんどくさくなってしまうのだから。

 

でもトラブルというものは、そんな油断しきったときにこそ起きるからね。マジで。

 

だから吾輩、クレジットカードの明細の、小まめなチェックは怠りませぬぞ!

 

 

今回は被害が出る前に、カード会社が対応してくれたからよかったけど、誰も気が付かないうちに流出して、不正使用されたら目も当てられない。

しかもその発見が、管理不足で遅れてしまったら、「ああ、それは自己責任で・・・」と、言われそうだ!

 

もちろん、カード明細をチェックしてそのままゴミ箱に捨ててしまってもいかんぜよ!

 

吾輩はPDFで保存しているけど、できることならプリントアウトして書面でも保管しておきたい。でもプリンターないしねー。残念!

 

トラブルがない、起きたことがないって人から見たら、そこまでする必要ないでしょ!?って思うだろうけど、実際にトラブルを経験すると、これぐらいの管理は、「必要最低限」

 

だって、一定の確率で絶対に番号は流出するからね。これは間違いなく。

 

流出に気が付かないで、取り返しのつかないことになるのは、吾輩はイヤでございますからね!

 

 

クレジットカード番号流出から学んだ、クレカの管理方法と使い方について、まとめるよ!
4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s

それではまとめよう!

クレジットカードの管理方法と使い方は以下のポイントに注意しよう!


1・ヤフーショッピングで、「1番安い出品者」で買い物したら、番号が流出したぞ!

2・ネットショッピングは、怪しい出品者に注意しよう!必ず「責任者」、「所在地」は確認しよう!

3・番号流出は、一定確率で必ず起きる!だからクレカは用途を限定して使うべき。

4・クレカは便利さに流されない仕組みが必要!現金の減りを見える化して、クレカ決済のブレーキにしよう!

5・トラブルがない時ほど油断しない!カード明細は小まめにチェック、保存しよう!


そうそう、吾輩クレジットカードを作る前は、ものすごくクレジットカード大っ嫌いだったのだ。

管理ができない、悪用のリスクがあるって思ってた。

 

確かにリスクはあるけど、クレカはそれ以上に便利。便利すぎて、吾輩、ネットショッピングはまっちゃったよ!

で、はまった矢先に番号流出というね、お粗末様でござんす!

 

クレジットカードはきちんと管理したら、ものすごく便利なシステムであることは間違いない。でもそこにはリスクがあるからね。

 

ぜひともクレカとは正しくお付き合いしたいものでございますな!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。