年収300万でも無理なくできる、節約して出産・育児を乗り切る方法。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

お金のかかる育児をなんとか節約して乗り切りたい

これは全国の育児に奮闘する皆様の、共通の想いではないでしょうか。

吾輩も育児をスタートしたとき年収300万でしたので、その後の育児は常に赤字家計と隣合わせでした。

「貯金を切り崩すしかない!」とも思っていましたが、節約して育児することで、どうにか赤ちゃん~幼児期(0~3歳まで)を乗り切った感がございます。

そこで今回は年収300万で育児を乗り切った節約のポイントをシェアさせて頂きたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

生まれてすぐの節約

07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s「子供が生れると、ベビー用品を買い揃えなくてはいけない。」・・・と、いろいろな育児雑誌に書いてありませんでしょうか。

しかし育児雑誌に書いてあるものを全て揃えると、大変な金額になってしまいます。

また初めての子供の場合、親の期待も合わさって、「いいモノを買ってあげよう!」と考えがちであります。

しかしですよ、実は子供が生まれてすぐの時期こそ、思いっきり節約できる期間なのでありますぞ。

 

生まれてすぐはお金をかけずにいける。

まず子供が生まれてすぐ、つまり新生児~半年の頃は、お金をかけないで育児をすることができる期間でございます。

もちろん、オムツ代やミルク代など、生きていく上で必要なものを節約することはできませぬ。しかし、それ以外の部分(洋服、おもちゃ、育児用品)などにお金をかけずに、節約することができますぞ。

生まれた我が子はとてもかわいいのですが、実際のところ、生まれてすぐは目も見えてないし、自我もありませぬ。

お腹が空いたら泣き、ミルクを飲んで寝る。時折、排泄物をぶーとして、また寝る。これをエンドレスで繰り返すのみでございます。

つまりこの時期に、いい洋服を着せて、新品の上質な毛布で寝かせてもあまり意味がないのであります。

ザク男爵
ほほー。吾輩がせっかく買ったミキハウスの肌着を排泄物でぶーっと汚しましたな。

これは吾輩のTシャツよりも高かったのですが・・・。

もちろん、高いからには機能性も優れております。しかしその機能性は、「ないとダメかも!?」となってから試しても遅くはありませぬよ。

 

ベビー用品は一気に買わない。

また子供が生まれるときに揃えるベビー用品は、一気に買い揃えないことがポイントでございます。

その理由は、2つありますぞ。

まず1つは、ベビー用品の寿命が短いこと。子供の成長は早く、数ヶ月で全く使わなくなるベビー用品が多いのだ。

新生児用の肌着や靴下は、新生児の頃(1ヶ月間)しか使えませぬ。子供の成長は早いので、あっという間にタンスの隅にしまわれてしまうのだ。

 

そしてもう1つは、赤ちゃんによって育児スタイルが異なるので、ベビー用品を買っても使わない場合が多いからだ。

赤ちゃんにも好みがあるようで、添い寝じゃないと寝なかったり、バウンサーじゃないと寝なかったり、様々でございます。

ベビーベットはベビー用品の必需品のように感じますが、吾輩は結局買わないでやり過ごしましたぞ。

なぜなら長男は生まれながらの甘えん坊だったので、腕枕じゃないと寝ない子だったからです。きっとベビーベットに一人寝かしたら、朝日が昇るまで泣き続けたことでしょう。

 

このように、ベビー用品は買ってもすぐに使わなくなる、もしくは買っても全く使わなかった、というオチが多々あるのでございます。

ですので、いっそのことベビー用品は必要に迫られるまで買わないのが、節約的にもお勧めなのでありますよ。

 

便利だったベビー用品・使わなかったベビー用品。

ご参考までに、吾輩(おもに妻)が育児をして便利だったベビー用品、逆に使わなかったベビー用品をまとめておきましょう。

(妻のインタビューを元にリスト化致しました。)

【便利だったベビー用品】

大量の肌着(すぐに汚れる為)

ガーゼタオル類(いろいろ代用できる)

防水シーツ

スリーパー(寝ぞうが悪くても安心)

ヨダレかけ(何枚あっても足りないくらい)

ミトン

ガーゼ

抱っこひも(いつでもどこでも抱っこ!)

【使わなかったベビー用品】

ベビーベット(添い寝で代用)

おしりふきコットン(通常のコットンで代用)

おむつ専用ゴミ箱(パッキン付きのゴミ箱で代用)

メリー

バウンサー(抱っこじゃないと寝なかった)

ベビーカー(抱っこひもで代用)

ベビー枕(腕枕じゃないと寝なかった)

お風呂用ガーゼ

湯温計

お尻拭きウォーマー

哺乳瓶

フォローアップミルク

赤ちゃん用保湿剤

もちろん、これらのベビー用品も赤ちゃんの好みによって、必要・不要が変わってきますぞ。

だからこそ、必要になったら買うスタンスにすることで、無駄なモノを減らすことができるのだ。

 

1歳~3歳までの節約


赤ちゃんを卒業しても、まだまだお金のかかる時期は続きます。

特にそれまでの赤ちゃんの頃とは違い、休日のお出かけ(レジャー)やオモチャの購入などの出費が増えてくるので、上手に節約してコントロールすることが大切でございます。

 

レジャーはお金よりも愛情。近くの公園で十分。

子供が自分で動ける、できることが増えてくると、休日にお出かけすることも増えてくる。

しかしこれが実にやっかいなのですよね。だって、お金がかかるのですもの。

レジャー施設(水族館、動物園、テーマパークなど)は、子供料金こそ安いですが、大人料金は普通に高いですからね。例え付添だとしても、普通に徴収されるのですよ。

ザク男爵
子供との思い出はプライスレスですが、思い出を作るのにプライス(お金)が必要とは何事でしょうか。

しかしご安心下さいませ。子供との楽しい思い出は、お金をかけなくても作ることができますので。

それはお金をかける代わりに、愛情をたくさん注げばいいのですよ。愛情を注ぐとはつまり、子供の為に自分の時間を割くことであります。

休日に出かける場所は、お金のかかる動物園でなくてもいいのです。近くの公園で十分なんですよね。

近くの公園でパパとママと、家族揃ってピクニックに出かける。子供にとっては、これで十分幸せを感じることでしょう。

・・・え?子供でない吾輩が、なぜ子供の気持ちが分かるのかとおっしゃるのですか?ははー、なるほどですね。

ザク男爵
む、む、息子の目を見れば分かるのでありますよ!(震え声)

未就学の子供は、とにかくパパとママが大好きでございます。それは目を見れば分かります(と信じたい)。

お金がないなら、愛情を注ぐ(子供の為に時間を割く)。これこそ、節約して育児を乗り切るポイントなのであります。

 

おもちゃは安物で十分。

また節約して育児を乗り切るとき、オモチャの節約は欠かせないポイントでございます。

オモチャは上を見たらキリがない世界ですし、1個買ったら次から次へと違うものが欲しくなる甘い罠でもあります。

つまり、オモチャ代をうまく親がコントロールしなければ、オモチャ貧乏となってしまうのは明白なのでありますよ。

ザク男爵
・・・え?このオモチャが欲しいですと?いやしかし、これは先月買ったオモチャとそっくりではないですか?ダメでありますよ、買いませぬ。

・・・いや、泣くなよ、分かった、分かったであります。今回だけ特別で買いましょう・・・。

塵も積もれば山となる。部屋には似たようなオモチャが多数あり、そしてお金だけが確実に減っていくのであります。

 

だからこそ、オモチャ代の節約は甘くみてはいけないのです。「オモチャ代を制する親は、育児を制する」、でございます。

しかし、まあ言ってしまえば、モノの価値が分からない3歳児に与えるオモチャなんて、安物で十分なんですよね。

買ってあげたと思ったら、すぐに飽きるし。すぐに壊すし、すぐに失くすし。かと思えば、初めて買ってあげたぬいぐるみ(すでに埃まみれ)を未だに抱いて寝るし。

ザク男爵
子供の感覚は全く分かりませぬ。

・・・つまり、安物で十分。そう都合よく解釈しておきましょう。

吾輩はありがたいことに、職場の先輩方・ご近所様から使わなくなったオモチャを多々頂いて参りました。オモチャには落書きあり、手垢あり、何かの匂いあり、と、大人の感覚では理解できない部分があります。

しかし長男に限っては、まったく気にすることなく、とてもうれしそうに使っているのです。(現在進行形)

オモチャは安物で十分。頂けるものがあれば、ありがたく頂戴しておきましょう。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

年収300万で育児を乗り切った節約のポイントは次の通りでございますぞ。

1・生まれてすぐは、お金をかけない。

2・ベビー用品は、一気に買い揃えない。

3・お金のかかるレジャー施設に行かない。近所の公園で愛情を注ぐ。

4・おもちゃは安物で十分。

可愛い我が子ですから、お金があれば、いくらでもお金をかけてあげたいですよね。分かりますとも、そのお気持ち。

でも実際に使えるお金は限られてますし、何より今後増える教育費を考えると、やはりこの時期は節約して乗り切りたいところでございます。

子供が未就学するまでは、親の愛情(子供の為に時間を割く)ことで、代用・節約できることがたくさんあります。

お金のかかる育児ですが、上手に節約して乗り切っていきましょう!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。