なぜ父親に威厳が必要なのか?子供に手を上げずに威厳を持つ3つの方法。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

父親に威厳がない。

威厳という言葉の意味を詳しく知らずとも、最近の父親に威厳がないと思いませぬか?

今の時代、威厳のある父親よりも、イクメンと言われる優しいパパの方が多いのではないでしょうか。

しかしそんな時代だからこそ、吾輩はあえて思うのです。

ザク男爵
父親に威厳は必要でございます。こんな時代だからこそ、威厳が必要でございます。

吾輩の5歳と3歳の息子たちを育てながら、あるべき父親像を常に模索しております。その中で得た答えが、「父親の威厳は必要」ということなのであります。

ではなぜ父親に威厳は必要なのでしょうか。迷えるパパのヒントとなるべく、ご解説させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

威厳とは?

0f584ae7d89e550f2e61bf1cdf6d6ada_s父親の威厳の必要性の前に、まずは威厳の意味をしっかりと抑える必要があります。

威厳という言葉を辞書で調べると、

威厳

人を圧するようないかめしさ。厳かでいかめしいこと。 「 -に満ちた態度」

引用:大辞林

と、あります。どうやら威厳とは、そこに存在するだけで圧倒するプレッシャーを放つ、厳めしさ(いかめしさ)のことのようです。

もう少し詳しく調べてみましょうか。次は、「厳めしさ(いかめしさ)」を辞書で調べてみましょう。

厳めしい(いかめしい)

1・おごそかで、重々しい、威厳がある。「ー家構え」「ー肩書き」

2・物々しく厳重である。「―・い護衛がつく」

3・りっぱである。すばらしい。

4・猛烈である。激しい。

なるほどでございますね。

威厳とは?それはまるで、「荘厳な神社のような空間」、のようなものかもしれませぬな。

厳格で厳しくもあるが、その空間にいると背筋がぴっと伸びる。そんな存在が、「威厳」なのでございましょう。

 

父親に威厳が必要な訳。

ではなぜ、父親に威厳が必要なのでしょうか。

吾輩も一人の父親として、あるべき父親像を模索した中で見つけた答えは、「ママの優しさには勝てないから」でありました。

 

「優しさ」でママに勝てる存在はいない。

なぜ父親に威厳が必要なのか?それは、どんなに一生懸命子育てをしても、ママの優しさには勝てないと痛感したからであります。

仕事をしながらとは言え、吾輩も可愛い子供たちと1分1秒でも長く過ごしたい。もっと深く子育てに関わりたいと思っております。

しかしながら、いざ子育て(子供の面倒をみる、世話をする)してみると、ある残酷な事実に直面するのであります。

それは、「子供が甘えたい存在はママ」ということであります。

吾輩と一緒に遊んでいても、疲れたり、寂しくなったり、痛い思いをしたら、まず甘える先は「ママ」なのでございますよね。何かイヤなことがあったら、ママの膝もとで小さく丸まって、にゃんにゃんするのですよ。

それはきっと吾輩の妻が、女神のように優しい存在であることも1つの原因でしょうし、子供が男の子であることも原因の1つでしょう。

しかしそれ以上に感じるのは、子育てにおけるママの無双っぷりでございます。

子供がケガしたり、ぐずったり、イヤなことがあったりしたときの、ママの対応がハンパなく女神なのですよ。

おケガしちゃったの~?大丈夫~?痛いねぇ・・・よしよし・・・あっちで一緒に休んでようか。

もしこの世に楽園と女神がいるのであれば、それはあなた、妻でございましょう。

吾輩も子供への愛情では負けているつもりはないですが、子供への優しい対応ではママに勝てる気がしませぬ

むしろ、世のパパはどう頑張ってもママの優しさには勝てない。そんな気がするのです。

 

ママは優しい担当。ならばパパは厳しい担当。

吾輩は妻の優しさに嫉妬しながらも、自分の家庭での役割を考えました。

ザク男爵
優しさでは妻に勝てませぬ。では吾輩は子供に厳しく接することで、逞しく育てる役割を担いましょう。

父親が家庭内で役割を持ち、存在を認めてもらう為には、ママのできないことをやる必要があります。その1つが、子供に厳しく接し、逞しく育てる役割なのです。

そこで必要になるのが、威厳でありますね。威厳を持って子育てすることで、子供に手をあげたり、暴言を吐くこともなく、子供を逞しく育てることができるのです。

 

父親が威厳をもつ方法。

ではどうやったら、父親は威厳を持つことができるのでしょうか。

当たり前ですが、威厳を持つ為に暴力を振るう必要はまったくございません。子供に手を上げることを威厳、ひいては愛情だと勘違いしているようであれば、それは違いますよ。

父親の威厳は、子供に手を上げることなく、作り上げることができるのです。

 

決裁者になること。

父親に威厳を持つ方法は、実はとても簡単であったりします。それは「決裁者」になればいいのです。

決裁者とは、物事の判断をする人、最終的に決定をする人でございます。そして同時に、結果に対して責任を負う人でもあります。

決裁者と聞くと聞こえはいいですが、つまるところ、「もう、ちゃんとあなたが決めてよ!」的な立ち位置の人と言っていいでしょう。

 

「家買うの?買わないの?」

「車買うの?買わないの?」

「給料増えないけど、転職するの?しないの?」

「お金が足りないけど、どうするの?」

「子供がおもちゃ欲しいって言ってるけど、なんとか言ってよ!」

 

決裁者が決めるべきことは、たいていめんどくさいものだったりします。

しかしめんどくさい案件でも、しっかりと決断する、右左を決めることで、父親の威厳が醸し出されるのでありますよ。

ねえ、あなた。私家欲しいわ。
ザク男爵
家が欲しいですと?ああー、でもめんどくさいしなー。住宅ローンって、重いしなぁ・・・鼻ほじ・・・

重要な決断から逃げているようでは、いつまでたっても背中に威厳が宿りませぬぞ。

 

働く姿を見せること。

口先だけ厳しいことを言っても、はっきり言って薄っぺらいのですよ。子供だって分かりますよ、「パパは口だけで、やらない」と。

ですので、威厳をもつには、とにかく動くこと、つまり働くことが必要なのですよ。

もちろん、家の外で仕事をしている姿も効果的ですが、それって子供には分かりにくいじゃないですか。会社の中では部長で威厳たっぷりでも、家の中でゴロゴロしてたら、威厳ゼロでございますよ。

家の外で働いてお疲れかもしれませぬが、威厳を持つには、やはり家の中でも働く姿を見せることが必要なのですよね。

それは日々の子育てや家事でもいいですが、ここは1つ、「父親だからこそ」のクオリティにトライしてみませんか?

 

お風呂の排水溝をピカピカに磨く。

換気扇の油汚れを掃除する。

床をワックスかけする。

 

吾輩も普段忙しくてそこまで手の回らない妻に変わり、ピンポイントでハウスクリーニングするようにしておりますよ。

ザク男爵
・・・ゴシゴシゴシゴシ・・・・ゴシゴシゴシゴシ・・・(ちら・・・子供たち見てるかな・・・)
あ、パパがお清掃してくれてるー、偉いねー(とでも言っておこう。)

威厳はきっと流した汗からにじみ出るものなのでしょう。父親が汗をかきながら働く姿に、子供たちが尊敬の念を抱いてくれるのを信じておりますぞ。

 

誰よりも自分に厳しいこと。

そして威厳をもつことに、最も大切なのは、他の誰よりも自分に厳しいことであります。

威厳を持って厳しく子育てし、子供を逞しく育てたいという想いは立派なのですが、その一方で自分に甘かったら話にならないのですよ。

 

子供に課すルールをそもそも自分で守っていない。

子供におもちゃを我慢させるのに、自分は欲しいものを我慢しない。

子供に勉強しろと言うクセに、自分は家の中で何もしない。

 

威厳とは、父親自ら自身に厳しくし、それを見た相手(子供)が「パパ、すごいな」と尊敬するのがスタートではないでしょうか。

子供に厳しくするのであれば、それ以上に自分に厳しくしなくてはいけませぬ。厳しく、厳しく、攻め上げてこその威厳なのであります。

ザク男爵
まだであります!もっともっと自分を追い込むであります!!
ちょっとキモイ。

自らを厳しく攻め上げる父親を見て、「パパ、すごい」と思ってもらえたら本望でございます。

 

ザク男爵プレゼンツ!

それでは、まとめよう!

父親に威厳が必要な理由と、威厳を保つ方法は次の通りでございますぞ。

1・父親に威厳が必要なのは、ママの優しさには勝てないから。ママと違う役割を持つべき。

2・威厳を持つには、決裁者になるべし。

3・威厳を持つには、働く姿を見せるべし。

4・威厳を持つには、他の誰よりも自分に厳しくなるべし。

理想の父親像を探しながら子育てして参りましたが、5年間子育てしてきた中での答えがこちらでございますね。「父親は威厳を持つべき」だと。

とは言え、吾輩も若いパパですので、まだまだ威厳たっぷりという訳ではありませぬ。ですので、もっともっと自分を追い込んで、威厳を醸し出していくつもりでございますよ。

威厳たっぷりで溺愛しながら子育てしていきましょう!それでは、アディオス!

5年間息子を溺愛で子育てして分かった、幼少期における父親の役割とは?

2017.07.05

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。