営業未経験の転職の不安を解決!営業初心者が知っておきたい5つの心得。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

未経験での営業への転職。これはとても不安なことではないでしょうか。

営業の仕事にはノルマが課せられ、ノルマを達成できなければ家畜よりも酷い扱いをうける・・・とか。

そんな都市伝説があるほど、営業はキツイ仕事、というイメージがあります。

実際、吾輩も未経験で営業に転職したときは、やはりとても苦労しました。それはもちろん、売れなくてキツイ、でございましたね。

特に入社して半年間は思い出すのもイヤなほど、キツイ思い出がたくさんあります。

が、本日は未経験で営業を志すあなたの為に、吾輩の体験談を交えながら、未経験で営業に転職するときの注意、そして解決するヒントについて書いて参りましょう。

スポンサーリンク

辛かった半年間。

-shared-img-thumb-BL003-karirenakatta20140810_TP_V今でこそ「営業で生きていく!」なんて言っている吾輩でありますが、未経験で営業に転職したときは、それはそれは酷いものでした。

上司いわく、「あ?どうせ、すぐ辞めるんだろ?」な吾輩でございました。

吾輩が未経験で営業に転職したとき、特に辛かったのは次のことでありました。

 

お客さんがいない・売れない。

営業が辛い。そう感じるのは、とにかく売れなかったからだ。

入社して1カ月は研修で先輩社員に同行。2ヶ月目から一人で営業に回ったが、全く売れない。話すら聞いて貰えない。

3ヶ月、4カ月たっても売れない。「やっと売れた!」と思っても、すぐに他社に奪われる。「ようやく取引成立だ!」と思っても、数百円の取引にしかならない。

そんな泣かず飛ばずの状態が、半年ほど続きましたね。いや、マジで辛かった。

売れない原因は分かっておりますよ。それはお客さんがいないからであります。吾輩のことを快く受け入れてくれるお客さんがいない。だから売れないのでありますよ。

未経験で営業に転職する場合、お客さんがゼロからのスタートになるでしょう。お客さんがいないとモノは売れませぬ。これが非常に辛かったのであります。

 

いく場所がない・会社に戻りたくない。

また未経験で営業に転職したときに辛かったのは、行く場所がなかったことだ。

お客さんがいないので、外回りでも訪問するところがない。かと言って会社にいる訳にもいかない。

ザク男爵
ほ~ら、ハトさん、今日もパン買ってきてあげましたよ~。ほ~ら、食べろ~・・・。

行く当てがないとは、まさにこのことでしょう。

入社して半年は行く場所がなくて本当に辛かった。会社に戻っても上司に怒られるだけでしたのでね。

 

未経験で営業を始める、あなたに伝えたいこと。


そんな辛かった状況に、吾輩は完全に腐りかけておりましたが、どうにかその状況を切り抜けることができた。

そしてその過程で、営業にとって大切なことも見えてきたのだ。これは未経験で営業を始めるあなたに、知って頂きたいことであります。

 

営業で最も大切なのは、継続すること。

未経験で営業。そう考えただけでめっちゃ不安になる。・・・分かります。

だってしゃべるの得意じゃないし、押しが強い方でもないし、何よりメンタル弱いし。

もちろん、これらは営業にとって大切なことでありますよ。でもそれよりもっと大切なことがあるのです。

それは「継続すること」であります。

営業トークの上手い下手や、交渉の強さではなく、「継続すること」こそ、営業で最も大切なことなのであります。

 

その理由は2つある。

まず1つは、継続することでお客さんが増えるからでありますよ。

未経験で営業を始めるときは、お客さんはゼロでございます。当然ながら、何も売れませぬ。

しかし1日1日、少しずつ営業を継続することで、着実にお客さんの数は増えて行くのです。お客さんの数が増えるに従って、売上も増えていくことでしょう。

 

そしてもう1つは、継続することでお客さんからの信頼が蓄積されるからです。「信頼の蓄積」、それは「実績」とも言える言葉。

最初は売れないような高額商品でも、お客さんからの信頼が蓄積すれば、あなたから買ってくれるようになるのです。

お客さん
1億の機械が欲しいわ。

・・・そうだ、信頼と実績のあるザク男爵から買いましょう。

ザク男爵
・・・お客様、いつもご注文ありがとうございます。

営業で最も大切なのは、継続すること。この重要性、ご理解頂けましたでしょうか。

 

「売れない状況」を耐えること。

未経験で営業に転職した場合、一部のスーパー営業マンを除いて、ほとんどの人が売れない営業マンになるでしょう。

大丈夫、それでいいんです。最初は誰だって売れないんです。腐らず営業していきましょう。

しかしですよ、実はこの状況でやってはいけないことが1つあるのです。それは売れないあまりに、必死になって売り込んでしまうこと、であります。

売れない状況が続くと、「今度こそ売ってやろう!」と思って一生懸命になるのは当然かもしれません。

でもその気持ちがお客さんの方を向いてしまい、必死に営業してしまうとウザい営業マンになってしまうのですよ。

ザク男爵
お客様!新しいカタログを持ってきました!こちらはサンプルです!見積だけでもどうですか!?今日はいい天気ですね!阪神勝ちましたね!
お客さん
あ、ウザいんでもう来なくていいですよ。

あなたの必死な想いは、残念ながらお客さんには関係のない話なのでありますよ。

だから大切なのは、売れない状況に耐えることであります。最初は誰だって売れないのです。無理に売込む必要はありませぬ。

まずは顔と名前を覚えて頂き、信頼関係を少しずつ築きあげるのが先決でありますから。

売込まない営業とは?お客さんから嫌われないで売上を伸ばす3つの秘訣。

2017.06.24

 

お客さんから信用される営業マンが成功する。

そして最後にお伝えしたいのが、お客さんから信用される営業マンが成功する、という事実だ。

営業の仕事をやってみると、「ホントにこれ、やる意味あるの?」的な雑用が多いことに気がつく。

見積書の作成に始まり、商品を探したり、ときには納品したり、修理したり、立ち会ったり。「自分は雑用係かっ!?」と思うほど、細かくてめんどくさい仕事がたくさんあるのだ。

しかしそんな一見地味に見える仕事こそ、実は営業として成功する為に必要な仕事だったりするのだ。

それはもちろん、地味な仕事をすることでお客さんからの信頼が高まるからだ。

営業マンにとっては直接売上に結び付かない地味な仕事だが、お客さんからしたら重要な仕事な訳でして。

つまりあなたが地味な仕事だと思っているものほど、お客さんはしっかり見ているのでありますよ。

お客さん
注文してみたけど、アフターフォローがなってないわね。

威勢がいいのは口だけね。次から別の業者にしましょう。

お客さんの信頼が獲得できない営業マンは、いずれ失脚する。お客さんの信頼を獲得するには、細かい、地味な仕事を一生懸命することが何よりも大切でありますよ。

 

営業マンに必要な4つのスキル。

未経験で営業に挑戦するときに大切なこと、ご理解頂けましたでしょうか。

次は営業マンに必要な4つのスキルをご説明させて頂きましょう。

 

1・交渉力

営業の最大の山場は、クロージングであります。そのクロージングをする為に、交渉力が必要であります。

クロージングとは?

交渉内容をまとめ、最終的に契約を結ぶこと。

交渉力は、相手からいかに有利な条件を引き出せるかがカギとなります。

そっと背中を押すだけ!口下手な営業マンでも契約が取れるクロージングのコツ。

2017.05.27

 

2・提案力

交渉事は当初の予定通りに進まないことがほとんど。話の途中で「やっぱり違う方法で」、「やっぱり予算がなくなった」なんてのは、よくある話。

そこで必要になるのが、提案力であります。お客さんにとって魅力的な代替え案を出して、クロージングを成功させましょう。

 

3・調整力

営業マンに必要なのは、調整力であります。

関係部署、取引業者、そしてお客さんの間をうまく繋ぎ、連携プレーを実現させる力であります。

どんなにスーパー営業マンになっても、自分一人で売っていると思うなかれ。その売上は、裏から色んな人の力で支えられているのでありますよ。

 

4・自己管理能力

また営業マンは、自己管理能力も必要不可欠だ。

営業マンは単独行動が多いので、自分を自分で管理・コントロールする必要がある。

自分をコントロールできないと、どんどん自堕落な方へ進むから不思議なもの。当然、売れるものも売れなくなってしまいますぞ。

やる気が出ない…。営業マンのモチベーションが上がらない原因と対処方法。

2017.04.07

 

チームプレーを忘れないで。

bsOY151013290444そして最後になりますが、未経験で営業に転職されるあなたに、これだけは伝えたいことがあります。

それは、営業はチームプレーだ、ということであります。

単独行動が多く、一人一人にノルマが課せられることもあり、営業マンは一人で仕事をしている気になりがちだ。

でも忘れて欲しくないのが、後ろから援護射撃してくれる人の存在であります。

事務員だったり、現場作業者だったり、仕入れ先だったり。そして上司だったり。

人間関係がめんどくさくなるときもありますが、つまるところ営業なんて、一人では何もできないのでありますよ。お客さんの前でしゃべることしかできないではないですか。

ですので、これから営業を始める方には、ぜひそのことを忘れて欲しくないのであります。

上司
俺の適切な指示のお陰だな、がっはっはっは!

サッカーで言うなら、営業はストライカーだ。誰かがゴール前にパスを出してくれない限り、シュートが決まることはありませぬ。

お世辞不要!辛い出勤が楽になる、口下手でもできる社内営業のやり方!

2016.12.02

報告したら怒られる!?上司への報告・相談が苦手な原因と克服するコツ。

2017.06.08

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

未経験で営業に転職するときに大切なのは、次のことでありますぞ。

1・継続することが一番大切。

2・「売れない状況に耐えること」が必要。

3・お客さんから信用される営業マンが成功する。

4・営業に必要なスキルは、交渉力・提案力・調整力・自己管理力。

5・営業はチームプレー。

未経験で営業に転職するのは、とても不安なことであります。

ですが営業は正しい知識とやり方を身につければ、どんな人でもできる仕事だ。だからそう不安にならず、安心して頂きたいのであります。

これから期待と不安が織り交ざった世界に足を踏み入れることになりますが、どうか継続することを第一に一歩一歩踏み出していきましょう。

それでは、アディオス!

 

営業マンとしての市場価値を、MIIDAS(ミーダス)で5分で無料診断してみよう!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。