もはや限界!?新規営業で心が折れるときに心を軽くする4つの方法

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業の未来を変える男でございます。

 

新規営ほどストレスが溜まる仕事はない。

これは8年間、新規営業をやり続けた吾輩の結論でございます。

お客さんから門前払いさせることもあれば、ゴキブリのような扱いをされて追い出されることもあります。

そんなことを繰り返されれば、誰だって限界を迎え、心が折れてしまいますよ。

でもそんな新規営業でありますが、ちょっとした工夫をすることで心が楽になることができるのだ。

新規営業で心が消耗しているあなた。これからご紹介する方法をちょっとお試し下さいませ。

スポンサーリンク

新規営業が辛いときに実践したいこと。

新規営業が辛い。そう感じるときは、次のことをちょっと試してみてはいかがでしょうか。

 

タイミングを変えてみる。

新規営業が辛い、心が折れそうだ。そう思うときは、営業するタイミングを変えてみるのが必要だ。

新規営業で最も大切なのは、タイミングでございます。キレイな営業トークでもなければ、相手を誘導させる切り返しトークでもありませぬ。タイミングが命なのであります。

今日訪問して門前払いにされても、明日行けばうまく商談がまとまる・・・なんていうのは、新規営業ではよくある話。

新規営業でうまくいかない原因は、たまたま担当者がいなかったり、たまたま競合他社から買ったばっかりだったりと、タイミングによるところが大きいのです。

ですので、新規営業で無下に断られても、必要以上に自分を責める必要はありませぬぞ。

新規営業が辛い、心が折れそうだと思ったら、まずは営業するタイミングを変えてみよう。今日ダメだったとしても、明日、来週、来月、ふらっといってみると、案外うまくいったりするものですから。

 

契約が取れないのは、自分のせいではない。

新規営業で辛いのは、特に契約が取れないときではないでしょうか。

飛び込み訪問がイヤでも、やった先に契約が取れるご褒美があるなら頑張れますよ。でも、そうそう簡単には契約は取れるものではありませぬ。

しかも契約が取れないと、上司から追い詰められるのでありますよね。

上司
おい。なんでお前は契約が取れないんだ?
ザク男爵
そ、それはでして・・・(商品が悪いからとは口が裂けても言えませぬ)

「こんな商品誰だって買わないよ。」そう思うときだってあるはずです。でも上司の前ではそんなこと言えませぬよね。

しかし契約が取れないのは、事実そうなのですよ。悪いのはあなただけのせいではないのです。

なぜなら契約が取れるのは、次の数式に当てはめることができるからだ。

 

契約=訪問件数×営業マンのスキル×商品の魅力×タイミング

 

仮に訪問件数を100件、営業マンのスキルを0.5、商品の魅力を0.5、タイミングを0.5、として契約数を計算してみましょうか。この場合、

契約数=訪問件数(100)×営業マンのスキル(0.5)×商品の魅力(0.5)×タイミング(0.5)

=12.5

つまり、100件訪問して12.5件の契約が取れることになるのだ。

では同じ営業マンが「こんな商品売れないよ」的な商品(商品の魅力0.1)を営業したとしましょう。すると、

契約数=訪問件数(100)×営業マンのスキル(0.5)×商品の魅力(0.1)×タイミング(0.5)

=2.5

なんと、契約数はたった2.5件になるではありませぬか。

 

このようにして、契約が取れない原因はあなただけのせいではないのです。だから契約が取れなくても、必要以上に自分を責める必要はありませぬ。

新規営業で心が折れそうなときほど、「自分は悪くない」と自己肯定してあげることが大切であります。

そうすることで、自信をもって次のお客さんに営業することができるのでありますから。

 

1回の訪問は短くする。

また新規営業が辛いと感じているときこそ、1回の訪問時間を短くするべきだ。

訪問して「いりません」、「不在です」と言われたら、潔く退散してしまおう。

訪問時間を短くする理由は、2つある。

まず1つは、訪問時間が長いとお客さんに「ウザい」と嫌われてしまうからだ。

断っているのに、帰ってくれない。いらないと言っているのに、引き下がらない。

それは一生懸命な営業の表れだが、お客さんからしたらウザいこと極まりない訳でして。そんな営業をすると、売れるものも売れない、つまり逆効果になってしまうのだ。

 

そしてもう1つは、しつこい営業をしてお客さんに嫌われると、お客さんからの扱いが酷くなるからだ。

いや、まあ、そりゃそうですよね。お客さんも営業マンに帰ってもらおうと必死ですからね。全力で全身全霊をもって追い出そうとしますよね。

ザク男爵
うう・・・。吾輩はただ一生懸命営業しただけなのにこの仕打ち。吾輩はゴキブリではありませぬ。

もはや限界であります・・・ぐふ・・・。

新規営業で心が折れかかっているときにその仕打ちを受けると、それが決定打になってしまうのだ。

新規営業で辛い時こそ、1回の訪問時間は短く。それはお客さんの為でもあり、自分の為でもあるのでございます。

売込まない営業とは?お客さんから嫌われないで売上を伸ばす3つの秘訣。

2017.06.24

 

「営業してもいい許可」をもらうと、気持ちが楽になる。

d895049d2dc045f48b94f531fc473714_sそして最後に、新規営業で心が折れない秘訣をお伝えしましょう。

それはお客さんから「営業してもいい許可」を頂くことだ。営業していい許可を頂ければ、無下に酷い扱いされることはなくなりますぞ。

営業してもいい許可をもらうには、特別なスキルは不要でございます。お客さんを営業で訪問したときに、

ザク男爵
今後とも営業のご挨拶をさせて頂いてもよろしいでしょうか?

と、尋ねるだけでOKですから。簡単ですね。

お客さんから営業の許可が頂ければ、次回からはお客様公認の営業をしているのでございますから。どうどうと営業すればいいのですよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

新規営業で心が折れそうなときは、次のことを見直してみよう。

1・営業のタイミングを変えてみる。

2・契約が取れないのは、自分のせいではないと思う。

3・1回の訪問時間は短くする。

4・お客さんから「営業してもいい許可」をもらう。

新規営業は辛いものであります。誰だって避けて通れるならば、通りたくない道であります。

でもそんな辛い新規営業でも、ちょっとした工夫であなたの心の負担を軽くすることは可能だ。

新規営業で心が折れそうだ。そんなときは、一度試して頂きたく存じますよ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。