不器用パパでも簡単!庭の砂利敷きに必要な「転圧機」を自作してみた!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

転圧機が必要だけど、どこのホームセンターにも売っていない。

ホームセンターをはしごしたけど、結局売ってなかった。そんな途方もない思いをした方も多いのではないでしょうか。

転圧機は、「柔らかい地面を踏み固める道具」で、庭に砂利を敷く時に必ず必要になる道具だ。しかし売っていない。

吾輩も庭に砂利を敷く時に困っていたので、苦手なDIYでありますが、転圧機の自作に挑戦してみましたぞ!

スポンサーリンク

簡単!自分で作る、転圧機!

はいはい、分かっておりますよ。うんちくはいいから、「はよ作った転圧機を見せてくれよ」、と。

それでは参りましょう!DIYが超・苦手な吾輩が作った、転圧機はこちらでございますぞ!

KIMG0616

ばばーーーーーん!!

・・・ばばばーーーーーん・・・!!!

 

・・・何でしょうか、その冷たい視線は。手作りの温もりが感じられて、いいではありませぬか。吾輩のハンドメイドでございますよ。

・・・え?左右で長さが違う?歪んでいる?

ザク男爵
・・・イエス。歪んでおりますが、何か問題でも?

いやいや、ちょっと考えて下さいよ。だって、これ、何に使うんですか?まさかこれを飾ってインテリアにするのですか?

・・・いいえ、違いますよね。これを使って、柔らかい地面を転圧する為に、使うのでありますよね?

ご安心くださいませ。この転圧機、転圧能力に関しては折り紙つきですので。

さあ、それでは転圧機の作り方について解説して参りましょう!

 

転圧機の作り方!

どこにも売っていない転圧機を作るのに、特別なスキルや材料は必要ありませぬぞ。

不器用なあなたでも、特別な道具一切なしで、簡単に作ることができますぞ。

 

必要なもの・材料。

転圧機をつくるのに必要なもの、材料はこちらでございますぞ。どれも近くのホームセンターで買いそろえることができますぞ。

【必要な材料】

・重量ブロック ハーフサイズ  1個

・角材:30mm角、長さ:1800mm 2本

・平板:厚み40mm、幅140mm  1枚

・丸釘65mm 1袋

・ミニ金具 L字型 6個

 

【必要な工具】

・木工用のこぎり

・ハンマー、トンカチ

・メジャー

・えんぴつ

ええ、どのホームセンターにも置いてある、一般的な材料でございますな。特に難しいこともないでしょう。

・・・と、思いたいところですが、DIYが苦手な吾輩は、実は釘の長さを間違えて買ってしまったのでありますよね。

釘を買う時は、必ず「丸釘65mm」を買いましょう。

これより長かったり短かったりすると、うまく組み立てられないかもしれませぬので。

また重しとなる重量ブロックは、ハーフサイズで十分な重さ。フルサイズだと重すぎて扱いきれないかもしれませぬよ!

 

転圧機の図面。

必要な材料は揃いましたでしょうか。

それでは、こちらが転圧機の図面でございます。実にシンプルでございますな。

ようは、平板の上に重し(重量ブロック)を乗せて、ハンドル(角材)を取り付けた構造でありますよ。

 

1・角材・平板をカットする。

最初の作業は、角材・平板をカットすることだ。

2本買ってきた、1800mmの角材から、それぞれ「重量ブロックの幅」の長さだけカットしよう。

また平板も長いようであれば、適時カットして下さいませ。

ザク男爵
カットする長さは目分量でございます。

まあ、だから左右で非対称、歪んでいるのですがね。

 

2・平板に角材を1本立てる。
自作転圧機1

材料のカットがお好みでできたら、次は平板に角材(ハンドル部)を取り付けよう。

重量ブロックを乗せて上げ下げするので、取りつけは念入りに、でございますぞ。

不器用&めんどくさがりの吾輩は、L字金具を使って丸釘を打ちまくる、という作戦で取りつけました。

まあ、あれですよね、釘のいいところは、「下手な人でもトンテンカンすれば、取りあえずは刺さる」、ということでしょうかね。

いいんです、いいんです、砂利を敷く時に使えれば。

 

3・ブロックを平板に乗せて、固定する。

お次は重量ブロックを平板に乗せて固定する作業でございますぞ。

重量ブロックを平板の上に乗せたら、「1」の作業でカットした「重量ブロックの幅にカットした角材」を、ブロックの穴に通しましょう。

自作転圧機2

穴に通したら、ブロック幅の角材を「できるだけブロックに密着させて」、長い角材(ハンドル)に固定しよう。

固定の仕方は、丸釘で打ちつければOKでございますぞ。

ブロックを固定できたら同様にして、反対側も平板に角材(ハンドル部)を取り付けよう。取り付けたら、こちら側からもブロック幅の角材に丸釘を打っておこう。

 

4・2つのハンドルを、ブロック幅の角材で固定する。
自作転圧機3

さあ、これで見た目的には立派な転圧機になっているはずであります。

しかしこのままでは、ハンドルがぐらついて、転圧どころではないのでございます。

そこで2つのハンドルをブロック幅の角材で固定致しましょう。やり方は同様、丸釘の打ちまくり作戦でございます。

取り付ける位置は、別にどこでもいいけどなるべくハンドルの中間がいいでしょうね。

ハンドルをブロック幅の角材で固定すれば・・・ほら、上げ下げしてもぐらつきませぬよ!いやっほい!

 

実際に使ってみた!

な、なんでしょうか、その人を疑うような目つきは。

・・・はいはい、分かっておりますよ。「ちゃんと使えるんだろうな」、と。

ご安心下さいませ。吾輩、さっそく使ってみましたぞ。

まずこちらが、転圧する前の状態の砂利でございます。この撮影の為に、わざわざ砂利を盛って置きました。

KIMG0624

この砂利に向かって、さあ、転圧致しましょかね。よいしょ・・・っと。ああ、重いであります・・・。

KIMG0625

・・・ずべし・・・・ずべし・・・ずべし・・・。

静かな住宅街にある吾輩の庭から、転圧機が砂利を踏み固める音が鳴り響く。

ザク男爵
打つべし!打つべし!!打つべし!!!

あ、すいません、つい日頃のストレスが出ちゃいましたね、・・・打つべし!!

 

転圧すること数回、果たしてふわふわだった砂利は、しっかりと転圧されているのでしょうか。

KIMG0627

・・・。・・・・。・・・・・。

ザク男爵
・・・い、イヤッたー!転圧されてるーーーー!

ほら、あなたもよく写真をご覧くださいよ。ね、ちゃんと転圧されておりますよね。

DIYが苦手な吾輩でも、ちゃんと役に立つ転圧機を自作できましたよ!

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

庭に砂利を自分で砂利を敷く時は、必ず転圧機が必要になる。だけど、この転圧機が売ってないのでありますよね、不思議なことに。

でも転圧機は、簡単な材料、道具だけで、不器用な吾輩でも作ることができましたぞ。

いいんです、多少のクオリティは。庭に砂利をそう何度も敷く訳ではございませぬし。

転圧機の作り方はとても簡単なので、ぜひ自作で作ってみて転圧しましょう!

それでは、アディオス!

砂利を敷いてから気がついた、とっても簡単に整地する方法があったのだと。

2015.08.18

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。