1歳でも安心!屋内でも遊べる栃木県子ども総合科学館がお勧めすぎる件。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

小さい子供を連れて安全に遊べるところって、案外限られているものでありますよね。

その上、雨が降って天気が悪かったりすると最悪でございますよ。公園に行くこともできませぬから。

ああ、どなたか小さい子供でも安心して遊べる(できれば屋内も)施設を教えて下さいませぬかねえ・・・。

ザク男爵
イエス、マダム。

それなら、栃木県子ども総合科学館が激しくお勧めでございますぞ。

子ども科学館はちびっこたちに科学の楽しさを教えてくれる、楽しい施設でございます。

入館料も安い上に、併設の公園は無料で遊べるという神施設なのであります。

そこで今回は吾輩も何度も通っている、栃木県子ども総合科学館についてご紹介させて頂きましょうぞ!

スポンサーリンク

栃木県子ども総合科学館 基本情報

画像:栃木県公式HP

栃木県子ども総合科学館の基本情報でございます。

正式名称:栃木県子ども総合科学館

住所:栃木県宇都宮市西川田町567 (大きな赤いロケットが目印でございます。)

開館時間:午前9時半~午後4時半まで。(入館は4時まで)

休館日:毎月第4木曜日(3月、7月、8月及び祝日を除く)

    祝日の翌日(土曜・日曜の場合を除く)

    年末年始(12月28日~1月4日)

    他、臨時休館日 あり

料金(館内):大人 540円      小人 210円(4歳以上、中学生まで)

子ども科学館の入館料は、館内(科学館)に入るときだけ必要になりますぞ。

併設されている公園、風の広場で遊ぶときは払う必要はございませぬ。もちろん、駐車場代もかかりませぬよ。

 

屋内施設
KIMG0580

子ども科学館の屋内施設は、科学の楽しさを体感しながら学べる施設でございます。

さあさあ、券売機でチケットを買ってさっそく入館してみましょう!(当日限り再入場可能でございますよ!)

 

科学を体感する。

子ども科学館のテーマは、科学を体感すること。

見て触って動かして。五感を使って科学を学ぶことができるのであります。

だから館内の展示は、ただ見るだけではなく、触ることもできるし、動かすこともできる展示ばかりでございますぞ。

でも、ほら、小さい子供って、加減を知らずにガンガン遊ぶではありませぬか。

そんなに激しく遊ばれたら、吾輩、子供が展示を壊しそうで心配で心配でしょうがないですよ。

 

・・・と、思っていたのですけどね、展示を見たらびっくりですよ。「この頑丈さは遊具ですか?」と。

まあ、見て下さいよ、この展示を。

DSCF3300

こちらは「落下エネルギーを体感する」展示でございます。

・・・え?一体なんの展示か分からないですと?ははー、なるほどですね、分かりましたよ。

ザク男爵
イエス、マダム。

それでは、化学と物理が苦手な元・理系のザク男爵が解説させて頂きましょう。

まずはですね、写真には映ってませぬが、足元にあるレバーをしゅこしゅこして、赤い重り(写真左上)を持ち上げるのです。

これがめっちゃ大変な作業でして。33歳の体にはピキピキ来るんですよ。言っておきますけど、これ、汗だくになりますから。

やっとのこと赤い重りを一番上に持ち上げると、赤い重りはゆっくりと降りてきます。(当然だね!)

すると、どうでしょう!赤い重りが降りるに従って、黄色いカートがゆっくりと動きだしたではありませぬか!

つまりこの展示は、「めちゃくちゃ重いものを上から落とせば、凄まじいエネルギー(落下エネルギー)になる」ということを体感できるのであります。

ザク男爵
・・・ぜえ・・・ぜえ・・・

どうだ、長男!落下エネルギーはすごいだろ!がっはっはっは!

長男
パパ、パパ、かっくいい!

分かっているんだか、分かっていないんだか、それはさておき、取りあえず「すごいことだ!」を体感することができるのであります。

 

小さい子・幼児向けコーナーもある。

「科学を体感する」のメインターゲットは、小学生のちょっと大きなお兄ちゃんたちだ。

だから吾輩の息子たち(4歳と2歳)には、まだ早い感もある。

そんなときは、2階にある「遊びの世界」の展示スペースがお勧めでございますぞ。こちらは小さい子供、幼児が安心して遊べる展示になっているのだ。

KIMG0587

ボールプールは年齢による入場制限がある為、小さい子供でも安心して遊べる。

また知育玩具や絵本がたんさん置いてあるスペースもありますぞ。

KIMG0599 KIMG0601

いやー、うれしいですよねえ。おもちゃが置いてある空間って。大人の吾輩だって、わくわくしちゃいますもの。

だからここに子供が来ると、ほぼ間違いなく「まだ帰りたくない!」って始まるのでありますよ。

そしていつも閉館のアナウンスを聞いてようやく帰るというね。

ザク男爵
こんなに遊べて(学べて)、入館料はたった540円(子供210円)。

・・・また遊びに来ます。

雨でも遊べる。小さい子供でも安心して遊べる。その上、科学を体感して学べる。

なんだこの素晴らしい施設は。

 

屋外施設

子ども科学館は、屋内施設だけでなく、実は屋外施設も充実しているのでありますぞ。

屋外施設は入館料は不要でございます。つまり、ただで遊べる最高の施設ということなのだ。

 

大型遊具が楽しい。

画像:とちなび

子ども科学館の公園には、近所の公園とはスケールが違う、巨大な遊具がございます。

山の一角が遊具になっているので、とにかく広い。そしてとにかく登る。あと降りるのが大変。

こちらの遊具だけで、小一時間は軽く遊ぶことができますぞ。

 

リアルな豆汽車がヤバい。

また子ども科学館の一番奥には、豆汽車が走っているのでございます。

こちらの豆汽車は車体こそ小さいものの、作りはまるで汽車そのもの。線路の上を「かたんことん」と気持ちよく走る感じは、小さな男の子におおうけ間違いなしでしょう。

例にも漏れず、吾輩の長男も次男も、この豆汽車に乗りたいが為に子ども科学館に何度も足を運びましたよ。

大人が乗っても満足なクオリティの豆汽車。ただ一言申し上げたいのは、敷地の一番奥にあるので、子供ふたり抱っこして帰るのがクソ大変なことですかね。

まあ、それを差し引いても、この豆汽車はかなりお勧めでございますよ。

 

※豆汽車利用料(1周)

大人:210円

小人:100円(4歳以上、中学生まで)

 

自然豊かな里山・「風の広場」。

さらに広すぎる子ども科学館は、なんと敷地の中に里山まであるのでございますぞ。その名も「風の広場」でございます。

風の広場は自然に囲まれて科学を学べる場所。これぞまさに自然科学でしょう。

完全に森でございますね。そして川もあります。沼もあります。コイも泳いでおります。

マイナスイオンが飛びまくりで、マジで癒されちゃいますな、これは。

 

また風の広場中央には、こんな「山!」があるのです。そんな「山!」を見たら、ダッシュで登りたくなりますよね!

山には小川が流れているのです。ん~、実に気持ちがいい。

ちなみに山の頂上からは、栃木の雄大な田園風景が一望できますよ。

 

食事・オムツ替えなど

オムツの外れていない子供を遊ばせるときに気になるのが、オムツ替えのスペース。

またお昼の食事スペースも気になりますよね!?

 

オムツ替え・授乳OK。

子ども科学館は、オムツ替え、授乳するスペースがあるので、卒乳前、オムツが外れてない子供も安心して遊べますぞ。

オムツ替え、授乳スペースは建物内にございます。

こちらは屋外施設で遊んでいる方も自由に使うことができますぞ。

 

レストラン・屋外ピクニックスペースあり!

子ども科学館には併設のレストランがございます。

丸い外観でどこかレトロな「食堂」を彷彿させるイメージであります。お値段は・・・ちょっと高めかもしれませぬ。

また屋外にはお弁当を食べることができるスペースもある。

大きなドーム型の屋根付きスペースなので、夏の暑い日でも、こちらで一休みしながらお弁当を食べることができますぞ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

栃木県子ども科学館は、科学を体感して学ぶことができる施設。

屋内施設は小さい子供でも安心して遊べるし、屋外施設ではおもいっきり体を動かして遊ぶことができますぞ。

入館料も安いので、ぜひご家族でお出かけ下さいませ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。