浪費癖は人生を浪費させる。浪費体質から貯金体質に変わったきっかけとは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、家計のプロフィット(利益)を最大にするスペシャリストでございます。

 

浪費癖をなんとか治したい。浪費をやめて、貯金できる貯金体質に変わりたい。そう願う方も多いのではないでしょうか。

浪費はお金を使った瞬間こそ気持ちいいものでありますが、後に残るのは後悔だけでありますから。誰だって好きで浪費を続けている訳ではないのですよね。

吾輩は今でこそ「家計のプロフィット(利益)を最大にするスペシャリスト」なんて名乗っておりますが、実のところひどい浪費体質だったのでございます。

もらった給料はその月のうちに使い切るのがモットーであり、ちょっと貯めたお金も旅行で、ぱーーーーーーっと使い切る生活をしておりました。

しかし、とあることがきっかけで、吾輩は浪費体質から貯金体質に変わることができたのでございます。

吾輩が浪費体質から貯金体質になれたきっかけは、一体なんだったのか。今回はそんなお話をさせて頂きましょう。

スポンサーリンク

浪費体質だった理由。
-shared-img-thumb-freee151108039472_TP_V

吾輩がもっとも浪費体質だった頃は、新卒で入社してからの2年間でございます。もらった給料は全部使い、貯金なんて全くしておりませんでした。

どうして吾輩は浪費体質だったのか、その理由は今でも鮮明に覚えておりますぞ。

 

毎月の給料が、死ぬまで貰えると思っていた。

吾輩が浪費体質だった理由、それは毎月の給料がこの先もずっと死ぬまで貰えると思っていたからだ。

毎月給料日になれば、自動的に会社からお金が振り込まれている。自分でお金なんて管理しなくても、決まった日になればお金が自動的に振り込まれる。

だからもらった給料を全額使ってしまっても困ることもなかったし、貯金なんてする必要もなかった。

だって会社に所属さえしていれば、お金に困ることがないのだから。まとまったお金が必要な買いものなら、ローンすればいい訳だから。

 

新卒で就職した吾輩は、この先もずっとずっと給料が貰えるものだと信じておりました。毎年の昇給もあれば、ボーナスもある。そんな生活が死ぬまで(退職するまで)続くと信じていたのであります。

だから吾輩は一人でファミレス行ったり、焼き肉行ったり、欲しいCDを我慢しないで買ったり、湯水のようにお金を使っていたのであります。

ザク男爵
・・・お金?ああ、また来月になれば給料貰えるし。

・・・将来のお金?ああ、だって会社続けてれば、昇給して給料増えるんでしょ?

マネーリテラシーゼロの社会人とは、まさに当時の吾輩のことでございます。

 

貧乏学生だった反動。

吾輩が浪費体質だったのは、貧乏学生だった反動もあった。

大学の頃は親元を離れ、一人暮らしをしておりました。親から仕送りは、それだけでは満足に暮せない額でございました。

しかしそれはきっと、「少ないお金で苦労をしろ」という親からの愛のメッセージでしょう。ありがとうございます。

仕送りだけで足りないなら、バイトでもすればいいのですが、吾輩は勉強以外の時間をとにかく音楽に当てたかったのであります。

時間さえあれば、練習して、練習して、ライブして、コンサートして。とにかく時間が惜しかった。

さらに音楽活動はとてもお金がかかるもの。楽器のメンテナンスにスタジオ費、ライブをするにもお金が必要であります。

ザク男爵
ただでさえお金がないのに、音楽のせいでさらにお金がない事態に・・・。

そうだ、もやしだ。今日からもやしを食べて生きて行こう。

吾輩は足りないお金を働いて(バイトして)補う代わりに、無理な節約をして凌いだのであります。(激ヤセしました)

 

しかし社会人になって、その生活は一変したのだ。

学生のような自由がなくなる代わりに得られたのは、それまで見たこともない大金でございます。

ザク男爵
この使い切れない大金を、どうやって使い切りましょうか?

・・・そうだ、学生の頃、欲しくて買えなかったもの、全部買いましょう。そうしましょう。

こうして吾輩は、貧乏学生の反動もあり、ますます浪費体質になっていったのでありました。

 

貯金体質に変わったきっかけ。
bsLIG_okanebaramakareru

そんな筋金入りの浪費体質だった吾輩に、転機が訪れたのであります。

その転機を境に、吾輩は浪費体質からバリバリの貯金体質に変わったのでありますよ。

 

当たり前をぶち壊した、リーマンショック。

吾輩が浪費体質から貯金体質に変わったきっかけは、ずばりリーマンショックでございます。

リーマンショックは、吾輩がこれからもずっと続くだろうと思っていた当たり前を、いとも簡単にブチ壊してしまったのだ。

リーマンショックによる影響の通達が会社からあったのは、寒い11月でございました。

上司
今年の冬のボーナスは・・・

・・・なしだ。

にわかに信じがたい事実でありましたが、これ以降、会社からボーナスが支給されることはありませぬでした。

そしてボーナスがなくなるだけでなく、

上司
来年からの昇給は・・・

・・・一切なしだ。

昇給なし。会社に不満を言いながらも、年功序列・終身雇用に完全に甘えていた吾輩は、「昇給なし」で絶望致しました。

そして最後には、

上司
来月からのお前の仕事だが・・・

・・・ここにはもうない。

リーマンショックは、それまで吾輩が「当り前」だと信じていたものを、全て奪っていったのであります。

 

当たり前がなくなった時、後悔しか残らなかった。

会社から自分の仕事がなくなることを通達されたとき、吾輩は自分に何も残っていないことに、ようやく気が付いた。

特にスキルがある訳でもない。困ったときに助けてくれる人脈がある訳でもない。そして、収入がなくても生活に困らない貯金がある訳でもない。

振り向いたときにあったのは、「これ、本当に必要だったの?」と後悔するようなモノだった。

 

大して好きでもないCDやゲーム。

買ってもあんまり着なかった服。

食べてしまって何も残っていない外食の数々。

 

仕事がなくなると、自分には何も残らない。・・・いや、違う。

もらった給料を浪費してきた自分には、何も残っていない。つまり、仕事で得られるのは、「お金」だけだ。

吾輩は、そう本能的に痛感し、それまでの浪費体質を改め、貯金体質に様変わりしたのであります。

 

仕事がなくなると通達されてから、実際に仕事がなくなる日まで、幸いにして6カ月あった。

ようやく目の覚めた吾輩は、仕事がなくなるまでの期間は、鬼のように節約して、1円でも多く貯金したのでありました。

 

浪費体質は、人生を浪費させる。

浪費体質だった吾輩には、仕事がなくなったときに自分に何も残らなかった。

キツイ仕事もあったし、イヤな指示もあったし、夜遅くまで残業もしておりました。それなりに大変な仕事だったけど、それなりに一生懸命やっておりましたよ。

しかしいざ仕事がなくなると、そんな苦労も関係なく、何も残らないのだ。

特殊なスキルがある訳でもないし、人脈ができた訳でもありませぬ。

残酷な話でございますが、多くの人が仕事を辞めた時、「お金しか残らない」のでありますよ。

しかしこれが浪費体質だと、そのお金すら残らない訳でして。

ザク男爵
深夜まで残業した日々。3カ月に1回、転勤した日々。

・・・吾輩の2年間は、一体なんだったのでしょううか?

浪費体質は、お金を無駄にするだけでなく、あなたの貴重な人生(時間)を無駄にしてしまうのだ。

あなたが働いて稼いだお金には、1円足りとて「無駄に使っていいお金」なんてないのですよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

浪費体質から貯金体質に変わったきっかけ、理由は次の通りでございます。

1・仕事がなくなることで、「毎月の給料が死ぬまで貰える」が幻想だと気が付いた。

2・仕事がなくなったとき、お金を浪費してきた自分には何も残っていなかったから。

入社した会社で敷かれたレールを、運よく走り続けられるうちは、なかなか気が付きませぬ。

しかし「毎月の給料が死ぬまで貰える」は、間違いなく幻想なのでございますよね。いつかどこかのタイミングで、何かしらの形で、夢が覚めることになるでしょう。

夢が覚めた時、あなたに一体何が残るでしょうか。残酷な話ですが、大抵、お金しか残らないものでございますから。

浪費体質は、仕事がなくなったときにお金すら残りませぬ。後悔しか残りませぬよ。

まだ仕事があるうちに、1円でも多く貯金致しましょうぞ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。