おもちゃを大事にしない子供にモノの大切さを教える4つのヒント。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

子供にせっかく買ってあげたおもちゃなのに、乱暴に扱ったり、雑に扱ったりする姿を見ると、心が痛むものであります。

子供は楽しそうに遊んでいるのだけど、親としてはもっとおもちゃを大事にして欲しい。そしてあわよくば、物を大事にする子に育って欲しい。そう思う親御様も多のではないでしょうか。

子供の中に物を大事にする心を育てるには、どうしたらいいのでしょうか。

4歳と2歳の男の子を絶賛育児している吾輩は、次のようなことに気をつけるようにしております。

スポンサーリンク

子供におもちゃを大事にさせるには?
KIMG0579

かわいく遊んでいると思ったら、買ってあげたばかりのトミカをぶん投げてしまう子供たち。

そんな天使のような悪魔のようなかわいい子供たちに、おもちゃを大事にする心はどうやって伝えたらいいのでしょうか。

吾輩は4歳の長男と2歳の次男に、おもちゃを大事にするように、次のようなことを伝えるようにしております。

 

おもちゃを買うことに、ストーリーを持たせる。

おもちゃを大事にするということは、それがいかに大切なおもちゃなのか認識させるところからスタート致します。

ただ単におもちゃを買ってあげるだけでは、ダメなのでありますよ。おもちゃを買ってあげるときに、このおもちゃがいかに大切なおもちゃなのか、をよーく分からせてあげる工夫が必要なのであります。

吾輩がよく持ちいる手段としては、おもちゃを買うまでにストーリーを作るということでございます。

ストーリーと聞くと難しく聞こえるかもしれませぬが、何も難しいことはありませぬよ。

子供の誕生日だったり、クリスマス、お正月などの季節のイベント。

また、入園、入学、運動会など、学校の行事、頑張ったご褒美も、おもちゃをあげるストーリーとして最適でしょう。

ただおもちゃをあげるだけでなく、そのおもちゃは「どうして買ってもらえたのか?」と子供に分からせるのがポイントでありますぞ。

ザク男爵
お誕生日、おめでとう!!ほら、長男の欲しがってた仮面ライダーベルトだぞ!しゅわっち!
長男
パパ、パパ、かっくいい!しゅわっち!

おもちゃを単なる物としてあげるのではなく、買ってあげるまでの過程をストーリーにして、おもちゃに意味と思い出をつけてあげましょう

 

捨てる前に修理。捨てる前に保管。

子供におもちゃを大事にして欲しいと思うならば、買ってあげる時以上に、捨てることに気をつけねばなりませぬよ。

古くなった、壊れたおもちゃを簡単に捨ててしまうのは、よろしくありませぬ。

子供は「おもちゃは古くなったら捨てる。また新しいおもちゃを買ってもらう」という図式が出来てしまうかもしれませぬ。

いや、だってほら、子供って変なところにやけに賢いではありませぬか。

「その言葉どこで覚えたの?」とか、「そのしぐさは誰のマネ?」とか。子供って、見てないようでしっかり見てるんですよねえ。

だから古くなった、壊れたからと言って、おもちゃは簡単に捨てない方がいいですぞ。

古くなったおもちゃは、キレイに掃除する。壊れたおもちゃは、修理することが大切なのであります。

ザク男爵
・・・長男よ。さすがにこのおもちゃは、もう修理できませぬ。残念だが、捨てましょう。
長男
イヤだもん、まだ使えるもん!しゅたたたた・・・(おもちゃを持って逃走した)

ボロボロなおもちゃでも、子供にとっては思い出の詰まった大切なおもちゃかもしれませぬ。

 

また、一時的に遊ばなくなったおもちゃは、スペースが許す限りとっておきたいものでありますね。

昔は遊んでいたけど、今は遊んでいない。そんなおもちゃは山のようにあるものです。

しかしもう使わなくなったからと言っておもちゃを捨ててしまうと、それはおもちゃと一緒に子供の思い出も捨ててしまうことになってしまうのであります。

長男
パパ、パパ。ボクが赤ちゃんだった頃のおもちゃ、また使いたい!
ザク男爵
あ、あれか・・・あ、あれは・・・捨ててしまった・・・ご、ごめんよ・・・
長男
しょぼーん

保管スペースに余裕がなかった頃、何度この繰り返しをしたことか。

でも今はスペースに余裕ができたので、可能な限りおもちゃは捨てないで大事に保管しておりますよ。

そのせいか、長男も次男も時折忘れた頃に、「あのおもちゃ、使いたい!」と言ってくるのであります。

昔のおもちゃを今も使う。これって、ものをすごく大切にしていることでありますよね。

 

楽しそうに遊んでいても、雑な扱いなら注意。

子供がおもちゃを使っている姿は、なんとも微笑ましいものであります。

しかし楽しさのあまりに、せっかく買ってあげたおもちゃを雑に扱うことって、ありませぬか?

子供のことだから、多少のことは仕方ない。子供は自由に遊ばせるべきだ。そんな風に思うことも1つの育児でございます。

しかし吾輩は、子供のたちの雑な扱いが目に余るときは、ビシバシと注意させて頂くのです。

ザク男爵
こら、大事に使え。
長男
ぴぎぃぃぃ・・・

おもちゃで遊ぶ子供を注意するのは、多少の後ろめたさがあります。

しかしやはり、吾輩は、「物を大事に使って欲しい。」、という想いを子供たちに伝えたいのであります。

吾輩は子供たちの笑顔がみたい一心で、一生懸命働いて、一生懸命おもちゃを選んで買ってあげている。

どのおもちゃにも、子供の手に渡るまでストーリーがあって、惰性で買ってあげたおもちゃは1つもないのでありますよ。吾輩にとっても、どのおもちゃも大切なおもちゃなのであります。

だから多少きびしく聞こえても、やはり「大事に使え」と口を酸っぱくして言ってしまうのでありますよね。

長男
・・・ぶんぶん・・・がしがし・・・がんがん・・・
次男
・・・ごんごん・・・ぼかん・・・ぽいっ・・・

まあ、何回言ったところで、雑に扱うときは雑に扱うんですけどね。でも親の気持ちを伝えるって、大切だと思いますよ。

 

親も物を大切にする習慣を。

と、ここまで吾輩が子供たちにおもちゃを大事にするようにしていることを書いてきました。

が、やはりそれ以上に重要なのは、「親自身が物を大切にする習慣」ではないでしょうかね。

これは非常にお耳の痛い話でありますが、親が何度「おもちゃを大事にしろ」と言うよりも、親が物を大事にしている背中の方が説得力があるというものでございます。

口では「おもちゃを大事にしろ」なんて言っていても、親自身が、買っては捨てるを繰り返したり、壊れたら簡単に捨てたりしたら、それは説得力ゼロというものでありますから。

ザク男爵
おもちゃは大事にしなさい。大切に使いなさい。

・・・え?吾輩のうしろにある山積みにされたゲームは何ですかと?

そ、それは・・・買っただけで満足してしまったゲームでございます・・・。

親が物を大切にしているなら、子供は親の背中を見て、自然とおもちゃを大切に使うようになりますよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

子供におもちゃを大事に使うようにさせるには、次のことに注意してみよう。

1・おもちゃを買うことに、ストーリーを持たせる。

2・古くなった、壊れたおもちゃは、清掃・修理する。

3・保管するスペースが許すなら、使わなくなったおもちゃも保管する。

4・楽しそうに遊んでいても、雑な扱いなら注意する。

5・何よりも親自身が物を大切にすること。

子供がおもちゃで遊ぶ姿は、見ていて本当に癒されるものであります。天使でしょうか。

しかしそんなおもちゃを雑に扱ってしまうのも、子供の一面でもあります。悪魔でしょうか。

せっかく買ってあげたおもちゃですもの、どうせなら大事に使って欲しいですよね。そしてあわよくば、物を大事にする心も育てたいですな。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。