値引き交渉は契約前に!建売住宅の値引きのコツとタイミング!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

建売住宅で値引き交渉をいつするのか、切り出すタイミングはホント難しい。

吾輩なんて住宅購入時の年収が300万だったので、まさに値引き交渉は死活問題。それが成功するかどうかで、家が買えるかの瀬戸際でもありました。

「安くして頂けませんか?」という、たったこれだけの言葉を絞り出すのに、ものすごい冷や汗をかいたのを覚えておりますぞ。

 

だが値引き交渉を実際にやってみて思うのは、建売住宅の値引き交渉は難しく悩むより、シンプルに考えた方がいいということだ。

そこで今日は、建売住宅の値引き交渉のポイントについて書いていきましょう!

スポンサーリンク

建売住宅の値引き相場は??

事前に知っておきたいのが、建売住宅の値引きの相場。いったい建売住宅って、どれくらい値引きできるのでございましょうか!?

値引き交渉したい気持ちはよーく分かりますが、相場を知らずに交渉をしてしまうと失敗するかもしれませぬよ。

 

吾輩の建売住宅の場合:売出し1,870万→1,790万

まずは吾輩の建売住宅の場合でございます。

当初の販売価格は1,870万。それを値引き交渉した結果、1,790万に値引きして頂きましたのだ。

その値引き額「80万円」

ザク男爵
は、は、80万~!!アメリカンバイクが新車で1台買えてしまうではないかーい。

「1,870万→1,790万」と書いてしまうと、元の金額が大きいだけに、その値引きの効果を感じにくいけど、「80万値引き!」って書くと、そのすごさが伝わりますよね。

ちなみに吾輩の建売住宅は、物件完成後7カ月経過した物件でありましたぞ。

 

同じ区画の建売住宅の場合:売出し1,940万→1,600万以下

そして次の例は、吾輩の購入した建売住宅と同じ区画にあった建売住宅の場合でございます。

これね、ホントびっくりでございます。当初の販売価格は、1,940万。しかし買い手がなく時間と共に値段が下がっていき、最終的には1,600万まで下がったのであります。

その差額「340万」

ザク男爵
さささ、340万!!なんだこの値引きは・・・80万の値引きで購入した吾輩が損をした気分なのですが・・・。

しかしこの物件の値引きは、物件完成後1年を境目にして、ぐーんと安くなった

それはやはり、物件完成後1年を経過すると、新築住宅と呼べず中古住宅扱いの「未入居物件」となってしまうからであろう。

未入居物件とは?

物件完成後、入居者が1人もいない物件。新築が1番入居者が集まりやすいのに、それでも入居者が集まらない。訳ありな物件の可能性がある。

確かにそんな「訳あり物件」になってしまったら、不動産業者もますます売りにくくなってしまうよね。

だから物件完成後1年前後で、がくーんと値段が下がる訳でございますな。

 

建売の値引きは、交渉するなら「100万以内」がお勧め。

建売住宅の値引き相場は物件によって値引き額が大きく違ってくるから一概に相場を断言できませぬ。

だがしかし、吾輩が住宅購入時に値引き交渉を持ちかけたとき、

ザク男爵
あのー、この家のお値段、200万ぐらいお安くなりませんかね・・・?

って聞いたら、営業マンはマジで青い顔してドン引きしておられましたぞ。当然、そんな値引き交渉はその場で却下。

値引き交渉の却下と同時に、吾輩の住宅購入まで白紙にならずによかったであります。変なことは言うものではないと、身にしみて思いました。ごめんなさい。

値引き交渉で相場をあまりにも越える金額を提示すると、営業マンにドン引きされて、下手したら家を売ってくれないかもしれませぬ。

だから値引き額を提示するときは、「100万円以下」がお勧めなのだ。100万以下の理由はずばり、「端数」でございますぞ。

ザク男爵
この端数だけでも切って下さらぬかーーー(涙)

結果的に吾輩の値引き額も100万円以下の端数を切る形でまとまりましたぞ。当時の営業マンも言ってたけど、あんまりにも値引き額が大きいと本部に連絡を入れることすら難しいようだ。

そ、そ、それは悪いことを致しました。ごめんなさい。

値引き交渉を上手く進める為にも、建売住宅の値引き額は100万以内で伝えましょうぞ!

 

建売住宅の値引き交渉のポイント!

建売住宅の値引き交渉は、どのように進めたらよろしいのでしょうか。

吾輩が建売住宅の値引きを勝ち取った経験を踏まえながら、解説させて頂きましょう。

 

値引き交渉は、必ず契約前にすること。

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s1番重要なのは、「値引き交渉は、必ず契約前にする」ということであります。

例え営業マンがいい人に見えたからといって、契約して仲良くなった頃に「あと少し安くなりませんか?」っと言っても、絶対に値引きしてくれませぬぞ。

理由は極めて簡単でございます。それはハウスメーカー・不動産会社にとって、値引くメリットが全くないからであります。

値引きをするのは、「値引きしたら買ってくれるかも?」と、営業マンが思うから、値引きしてくれるからでありまして。

買ってくれた客(契約した客)に、値引きをしても全くメリットがございませぬ。だってもう契約してくれたのですもの。今さら値段下げて何になるというのでしょうか。不動産業者にとって、値引きするだけ損ではありませぬか。

 

吾輩も業界は違えど、同じ営業マン。この気持ちは痛いほどによく分かります。

ザク男爵
買ってくれそうなお客様には、お値引きしてもいいですよ?

買って下さったお客様?お買い上げ、ありがとうございます。値引き?またまた冗談やめてくださいよう~

お買い上げ頂いたのに、その上値引きまでしたら、上司にこっぱみじんにされること間違いなしでございます。

分かりますよ、契約前で緊張して値引き交渉が切り出せないって。でも契約して、だんだん担当者と仲良くなってから値引き交渉をしても、それは無駄なのであります。

建売住宅の値引き交渉をするなら、必ず契約前に致しましょう、契約前にね!

 

建売住宅の値引き交渉は、シンプルに。

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s手に汗握る、値引き交渉の切り出し方。一体何て言えば、お値引き頂けるのでございましょうか。

結論から申し上げますが、値引き交渉を切りだすには、シンプルに「安くして頂けませんでしょうか?」と聞くのがベストでございますよ。

値引きして欲しい理由をあれこれ考えるより、「安くして」の一言を伝えた方が効果的でございます。

その理由は、ハウスメーカー・不動産会社の担当者にとって、値引く理由に意味がないからでございますよ。まして、あなたがどんな人なのか、いい人なのか、なんて情報はさらさら興味のない話でございます。

ハウスメーカー・不動産会社の担当者にとって重要なのは、「あなたが家を買うかどうか」なのでありますから。

値引きの理由をうんぬん考えるより、「値引いたら買うかもよ?」という意思を明確に伝えるべきなのだ。

 

確実に値引きを引き出す魔法の言葉、「○○万円引いてくれたら、買います!」

さて、建売住宅の値引き交渉でございますが、実は高確率で希望の値引き額を引きだす魔法の言葉があることをご存じでしょうか。

それは、「○○万円引いたら、買います!!」と宣言することであります。

ザク男爵
な・・・な・・・なんと・・・!!

その言葉は本気か!?本気でございますか!?もし本当にその通り値引きしたら、吾輩は買っちゃうのでありますか!?

「買います宣言」をしたからと言って、絶対買わなきゃいけない訳ではありませぬ。しかし、「買います宣言」をしたのに買わなかったら、あなたの大切な信用を失うかもしれませぬぞ。

 

ではなぜ値引き交渉で、こんなリスキーな橋を渡らなければいけないのでしょうか。

その理由は、建売住宅の値引き交渉は、あなたが本気にならないと成功しないからだ。

だって考えてもみてくださいよ、値引き100万円って、ものすごい金額だと思いませぬか?

家なんて毎日売れるものではありませぬ。つまり、ハウスメーカー・不動産会社にとって、家1軒からいくら利益が取れるのかが死活問題になる訳であります。

ハウスメーカー・不動産会社も必死な訳でありますよ。そんな状況で「いくら値引きできますか~?」と軽く聞いたところで、本気の値引き額は提示されませぬよ。

 

あなたの希望の値引き額を引き出すには、まずはあなたが本気になる必要があります

あなたの本気とは、「希望の値引きを提示してくれたら、買います!」と宣言すること、他にありませぬ。

ザク男爵
100万値引いてくれたら、買います!買います!!買います!!

・・・住宅ローンの審査が通ったらね。てへ

その家が欲しいですか?本当に欲しいですか?もし、そう思うのなら、まずはあなたの本気度を示めしましょうぞ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅の値引き交渉のコツとタイミングは次の通りであるぞ!

1・建売住宅の値引きは、100万円が目安。

2・値引き交渉は、必ず契約前に。

3・値引き交渉は、シンプルに持ちかける。

4・値引き交渉は、あなたの本気度を示して、希望の値引き額を引き出す。

建売住宅はある意味、「値引きありき」だ。最初に提示されている金額で購入するのは、得策ではございませぬ。

100万の値引きを勝ち取らずとも、50万、いや30万、いいんや、10万の値引きだって、嬉しいではありませぬか。10万円自由に使える金額が増えたら、何に使いましょうかね。ゲームを山ほど買いましょうかね。

建売住宅の値引きを勝ち取る為には、あなたの本気度が大切でございますよ。

本当にその家、欲しいですか?本当にその家が欲しいのなら、あなたの気持をストレートにぶつけてみましょう。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。