「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

家を買おうかどうか迷っている方にとって、「家を買うことは得なのか、損なのか」は、非常に悩ましい問題ではないでしょうか。

家はウン千万もする買い物でございます。買って損するなら、買わない方がマシというものでございますよ。

しかしでございますよ。年収300万ながら(結構)無理して家を買ってしまった吾輩は、改めて家を買ってよかったと思う訳であります。

その理由はずばり、「家はすごく楽しい」からでありますぞ。

そこで今回は、家を買うことは損なのか得なのか、そして家を買うべき理由について解説させて頂きましょう!

スポンサーリンク

家を買うことは、間違いなく損だ。

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s家を買うことは損なのか、得なのか。悩ましい問題でありますよね。

しかしずばり結論から申し上げましょう。家を買うことは、間違いなく損でございます。その理由は次の通りでありますぞ。

 

家賃<<住宅ローンの重圧。

家を買うと、それまでの賃貸アパートの家賃よりも住宅ローンの返済額は増えることがほとんどだ。

家を買うことで、住居費用のコストが増え、賃貸に住んでいたときよりも余分にお金を支払うことになる。その結果、損したことになる訳であります。

まあ、だって家なんて買わなくても人間死にはしませぬからね。市営住宅に入れば割安な家賃でそこそこ広い部屋で暮らすことができますから。

家を買うということは、自ら余分にお金を払って家に住むということでございますよ。

 

賃貸にはない住宅関連の出費。

そして家を買うと、賃貸にはない住宅関連の出費を支払う羽目になるのであります。

部屋が増えるので、その分カーテン、照明、網戸、家具などを追加しなくてはなりませぬ。

リビングのエアコンだって、ハイパワーのエアコンを自費で買わねばなりませぬ。

また、家が古くなってリフォームが必要になれば、当然ながら自分の財布からお金を出して家を直さなければならないのであります。

ザク男爵
なんと・・・。賃貸では困ったら管理会社に電話一本するだけで解決したのに。

家を買ったら、次から次へとお金が飛んでいくのですが・・・。これはいかに?

もちろん、庭を整備するのにもお金がかかる。家を買ったら、何をするにもお金がかかるのでありますよ。

 

家としての資産価値はすぐになくなる。

そして悲しいことでありますが、家としての資産価値はすぐになくなってしまうのだ。

どんな豪邸を買ったとしても、5年、10年と使っていくうちに資産価値はどんどんなくなっていき、最終的には築20年もすれば、家としての資産価値はほぼゼロになるとか。

 

確かに小さい子供(4歳と2歳)がいる我家では、毎日のように家が破壊されていますからね。フローリングなんて既に傷だらけ。無限に何かを引きずった跡が続いておりますぞ。

とは言っても、子供に「フローリングが傷つくから、大人しく遊びなさい!」と言ったら、何の為に家を買ったのか分かりませぬ。

つまり、家を買った時点で、家が傷つき、家の資産価値が下がるのは致し方ないこと。

家を買ったら、売る時に損をする。これは避けられない定めなのであります。

 

家を買うこと=最高に楽しい生活を手に入れること。

家を買うことを「損か、得か」で言えば、それは間違いなく損でございますよ。しかしだからと言って、家は買うべきではない、という訳ではありませぬ。

大切なのは、家を買うことを損得抜きにして考えること。家はプライスレスなのであります。

 

広い家で子供がのびのび遊ぶ姿。

あなたが「家、欲しいかも・・・」と思った理由はなんでしょうか。

もしかしたら「広い家で子供をのびのびと子育てしたいから」だったでしょうか。

 

広い一軒家で子供に「静かにしなさい!」と言うことなく、子供をのびのびと育てたい。

休日は子供と一緒に庭で思いっきり遊びたい。

 

これは親ならば、一度は憧れるライフスタイルではないでしょうか。

実際吾輩も、子供をのびのび育てたいから、(結構)無理して家を買ったクチでありますので。

しかし無理して(損する)家を買って思うのは、そんな子供がのびのびと育っていく姿が見られるだけで十分満足、ということ。これ以上にない幸せであります。ごちそうさまです、ありがとう、天使たち。

子供たちの成長は、まさにプライスレス。そしてそんな思い出をマイホームという最高のステージで楽しめるのも、プライスレス。

ザク男爵
家は損するから買わないですと?

いいえ、マダム。家を買うことは、プライスレスの思い出を手に入れることですよ。

「損するから買わない」それは正論かもしれないけど、豊かな人生を考えると、もったいない気が致しますな。だって家を買う本質は、プライスレスな家族の思い出を手に入れることなのですから。

一軒家の魅力は圧倒的な広さ。広さこそ、最高の贅沢という理由を熱く解説!

2017.04.15

 

自分の趣味を満喫する楽しみ。

家を買うことは、子供の成長を見守ることだけではありませぬ。

家を買うと、自分自信も趣味を満喫することができるのであります。

ほら、賃貸アパートに住んでいるときって、知らず知らずのうちに「賃貸だから・・・」って我慢してませぬか?

本当はこの家具が欲しいけど、大きいから置けない・・・とか。

本当は家庭菜園したいけど、ベランダのスペースが限られているから我慢する・・・とか。

 

吾輩もいい大人ですので、賃貸アパートに住んでいるときは、その辺しっかりと我慢しながら社会生活してましたよ。

本当は思いっきりアクアリウム楽しみたかったけど、部屋が狭いから小さい水槽で我慢してましたよ。

でも家を買ったことで、狭いからという理由で趣味を我慢する必要がなくなったのであります。リミッター解除でございます。

リミッターが外れてコントロールが効かなくなった吾輩は、なんと自宅に池まで掘ってしまいましたがね。

最初は庭の水はけ工事の一環で、川を作ったのが始まりだったけど、

1109

川岸を石で補強しているうちに、池が掘ってみたくなり・・・

DSCF1693

最終的には、池になりました。

KIMG0727

今ではメダカが元気に泳いでおりますぞ。

ホテアオイ

自分の家ですから。何も我慢する必要ありませぬから。

思う存分、楽しんでいいのですよ。あなたは家を買ったら、何して遊びますか?

DIY初心者でも簡単にできる、防水シートで庭に子供が遊べる池を作る方法!

2017.07.06

 

ただし買うなら予算に気をつけて!
f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_s

「家は損するから買わない」と思っていたあなたも、だんだん家が欲しくなってきた頃でしょうか。

しかしご注意下さいませ。家は楽しいから買うべきとは言っても、なんでもかんでも「買えばいい」って訳ではございませぬので。

 

家はお金をかけなくても、十分に楽しいということ。

家を買うことは、非常に楽しいことだ。子供の成長はプライスレス。自分の趣味に没頭できるのも幸せ。それが実現できるのも、家という「箱」があるからでございます。

しかし家は、上を見たらキリがありませぬ。最新設備に快適性能。エアコン1台で夏涼しく過ごせる家だってございます。

しかしながら、吾輩が「家は楽しい」というのは、実はお金をかけなくても楽しめることばかりなのです。

最新設備やデザイン住宅でなくとも、子供をのびのび育てることは可能。自分の趣味だって、家の性能とは関係がありませぬ。

つまり、安い家を買ったとしても、120%楽しい生活が待っているということでありますよ。

 

安い家は資産になり得る。

そして家の価格で覚えておいて頂きたいのが、「安い家は、資産になり得る」ということでございます。

安い家を買うことで、あなたの財布にお金をもたらしてくれる、頼りがいのある資産になれるのだ。

ザク男爵
・・・はい?

いや、家を買ったら資産価値はすぐなくなるのでは?そもそも、どうして安い家が資産になるのでしょうか?

その答えは、税制優遇にある。税制優遇を120%活用することで、あなたの財布にお金を持ってくる家になり得るのだ。

例えば家を買うと30万円(最大)貰える、「すまい給付金」というものがございます。

この給付は、2,500万の家を買ったとしても、4,000万の家を買ったとしても、貰える金額はどちらも同じ30万円なのであります。(同条件なら)

これは給付金30万円貰う為に、「2,500万払うのか、4,000万払うのか、どちらが得か」、と考えると分かりやすいでしょう。

家を買うことで得られる給付には上限があります。その上限額を貰う為に、いくら必要か(いくらの家が必要か)が、その家が資産になるかどうかの分かれ道なのでありますぞ。

持ち家は資産か負債か?家を買ったからこそ分かった、家が資産である理由と条件。

2017.03.29

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

家を買うことは損だけど、家を買うべき理由は次の通りでございます。

1・家は損得で考えたら、間違いなく損。

2・しかし家を買う本質は、その家に住むことでプライスレスな家族の思い出を手に入れること。

3・目先の損よりも、プライスレスな家族の思い出の方が大切。

4・家を買うなら、資産になり得る家を。

家を買うことは損なのか得なのか。これは誰しも頭を悩ます問題でございます。だから一生懸命、家を買った後のシュミレーションをする訳であります。

しかし、家を買う本質は違うのです。家は、その家に住むことでプライスレスな家族の思い出が手に入るから、買うのでありますよ。得するから買う訳ではありませぬ。

あなたもマイホームで素敵な家族の思い出を作ってみませぬか?

それでは、アディオス!

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。