出世しなくても人生は楽しい。課長になって思う、出世を諦める5つのメリット。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、出世に興味はないと言いながら、ちゃっかり課長になってしまった企業戦士(つまり社畜)でございます。

 

さて突然でございますが、皆様は出世したいでしょうか?それとも出世したくないでしょうか?

ザク男爵
吾輩、出世は完全にしたくありませぬ。きっぱり

吾輩も若い頃は出世に燃えて仕事をしていた時期もございました。しかし今では、出世熱は完全に冷めてしまいましたよ。

それは、出世を目指して生きて行くよりも、出世を諦めて生きて行く方がよほど楽しいと気が付いてしまったからだ。

そこで今回は、出世を諦めるメリットについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

出世は正義ではない。

-shared-img-thumb-Green3_jisya20141123174652_TP_V

終身雇用の年功序列が確立していた古き良き時代では、「出世=正しい」であった気が致します。

これは吾輩の父が、ちょうどその時代を生き抜いた企業戦士だったからだ。父は企業戦士として家族を養う為、働き、働き、働き、そしてどんどん出世していきました。

平日も休日もほとんど家にいない父でありましたが、出世していく父の姿は幼心にも「父はかっこいい」「企業戦士になったら、出世を目指すべき」と思ったものでありました。

しかし時は流れ、吾輩が当時の父の年齢に近くなりました。そんな今、果たして「出世は目指すべきもの」なのでしょうか

 

会社に忠誠を尽くしても、割に合わない。

出世には興味がないと言いながら、ちゃっかり課長に出世した吾輩。しかし課長になって思うのは、「出世は割に合わない」ということだ。

出世する為には仕事の能力はもちろんのこと、会社への忠誠心が必要だ。会社に忠誠を誓い、嫌な仕事でも率先して引き受けるマゾヒスト的な愛社精神が必要だ。

朝早くからの出勤、夜遅くまでの残業、休日の接待。本当はやりたくないけど、会社に忠誠を尽くす為、朝から晩まで休日返上で、会社の為に働き続けないといけませぬ。

しかし、そこまで会社に忠誠を誓っても、見返りとして得られるものが少ないのが今の時代ではないでしょうか。

ザク男爵
こんなに会社の為に働いているのですから、吾輩のことを定年まで雇ってね。あと毎年の昇給とボーナスも払って下さいな。

子供が大学に行く頃はお金が必要なので、給料たくさん払ってね。(取りあえず)忠誠誓いますので。てへ

上司
・・・アホか。

出世したことで残業がつかなくなり、逆に給料が下がってしまう時代であります。一体何が楽しくて出世を目指さなくてはいけないのでしょうか。

 

出世を諦めるメリット。

bsOY151013549718

出世を諦めると、それまで嫌で嫌で仕方なかった会社に行くのが、ほんのちょっと行くのが楽になりますぞ。

具体的には、出世を諦めると次のようなメリットがある。

 

嫌な仕事なら断っていい。

出世を諦める最大のメリットは、嫌な仕事を断れるようになることだ。

出世に未練があると、「やりたくない仕事だけど、断ったら出世に響きそう・・・」と思って引き受けてしまいがちだ。しかし出世を諦めると上司からの評価をそこまで気にしなくてもよくなるので、嫌な仕事を断れるようになりますぞ。

特に男性の総合職(出世のニンジンをぶら下げられた企業戦士)には、嫌な仕事が色んなところから集まってきませぬか?

吾輩が派遣会社に総合職として就職したときは、すごいものでしたよ。

ザク男爵
・・・え?仕事に来てない人がいるから、今から連れてきてですと?

・・・え?寮の鍵を落としたから探してきてですと?

・・・え?売上のレポートを毎週提出しろですと?

・・・え?事務所にお客さんが来るから掃除しとけですと?

・・・あの、吾輩は一体何者なのでしょうか?

誰もやらない仕事は、取りあえず総合職(の若い奴)に回しておけ。そんな社会の歪があるかもしれませぬ。

しかしそんな意味不明な状況でも、出世に未練が残っていると断れずに引き受けてしまうから恐ろしい。実際これで体を壊す人も多いでしょう。

でも出世を諦めると、嫌な仕事を気持ちよくお断りすることができるのだ。

上司
明日土曜日だけど、事務所の掃除しといて。ついでに俺の売上集計しといて。(出世したいだろ?)
ザク男爵
申し訳ございませぬ。明日はお休み頂きます。では、ごきげんよう。

上司に気に入られなくて結構。だって出世に未練はないのですから。

 

早く帰宅していい。

出世を諦めると、毎日の帰宅時間が劇的に早くなりますぞ。それは上司の評価を気にして、社内に残る必要がないからだ。

出世して給料を増やしたい。そんな気持ちがあると、上司・先輩よりも早く帰ることができない。それは「帰りたい」と思っていても、「上司より先に帰ったら、印象が悪い」と感じるからだ。

その為、上司や先輩、また職場全体の残業体質に付き合うことになり、早く帰宅することができないのだ。

ザク男爵
みんな残業している中、一人だけ先に帰ったら出世できないかもしれませぬ。

・・・致し方ありませぬ、仕事をしているフリをしてましょうかね。

会社への忠誠心や職場への協調性を示したいがあまり、無駄な残業をして早く帰宅することができないのだ。

しかし出世への未練を断ち切れば、職場の皆さんが残業(?)をしていても、我先に帰宅できるようになるのでありますぞ。

 

全国転勤しなくていい。

出世を諦めると、会社からの転勤命令に従う必要もなくなるでしょう。

それは「嫌な転勤でも会社の為に受け入れる」という忠誠心を示す必要がないからだ。嫌なら嫌でお断りすればいいのであります。嫌ですよと。

もちろん、断った瞬間に出世の道はなくなったも同然でしょう。しかし全国各地を転々とした挙句に待っているのは、本当にハッピーエンドでしょうかね?今の時代、会社に忠誠を尽くしたところで得られるリターンは限られたものでありますよ。

それよりも、自分の住みたいところに住み、地元に根差して生きていく方がよほど幸せではないでしょうか。

転勤したら私はまた一人ぼっち。ぐすん
長男
パパ、パパ、あのね。ボク、引越ししたくないよう。ぐすん

会社は簡単に「転勤しろ」とおっしゃいますが、転勤することで家族みんなが不幸になるのであります。そんな転勤、しない方が幸せでありますよ。

 

社内政治の争いをしなくていい。

出世を諦めると、出世を狙うライバルとの社内政治争いをする必要もない

もうね、「お好きにどうぞ」でございますよ。手柄が欲しいならどうぞどうぞ。ご自由に持って行って下さいませ。

だって考えて見て下さいよ。その横取りした手柄を会社に貢いだところで、どんな見返りがあるというのでしょうか。見返りとして、「休日の接待ゴルフへの招待状」が貰えるのでしょうか。吾輩はそんな見返りは要りませぬよ。

また社内政治に参加するということは、必ず「勝った人」と「負けた人」が存在するということであります。

ザク男爵
会社の為に忠誠を尽くしてきたのに、出世競争で負けたばっかりに吾輩は用済みに。今や寂しく窓を眺める日々でございます。るるる~・・・

どんなに会社に忠誠を尽くしても、負け組になってしまえば元も子もありませぬ。

そんなハイリスク・ローリターンな競争、不毛であると思いませぬか?

 

出世を諦めたら、転職サイトに登録。

そして最後に、出世を諦めたら、忘れずに転職サイトに登録しておきましょう。

出世を諦めることは、会社に忠誠を誓わないことであります。つまり、会社からしたら「扱い辛い社員」という訳でありますから。会社から、いつ何の嫌がらせをされる可能性だって、否定はできませぬからね。

ザク男爵
嫌がらせですと?それは嫌でありますぞ・・・。

しかしだからと言って会社に忠誠は誓いたくない。・・・どうしたらいいのでしょうか?

会社に忠誠は誓いたくないなら、在職中から転職サイトに登録しておくことが必要だ。

在職中に転職サイトに登録しておくことで、最悪会社から解雇されるというリスクに備えることができますぞ。

 

無料で自分の市場価値(年収)が診断できる。

さて、数ある転職サイトの中でも特にお勧めなのが、MIIDAS(ミーダス)だ。この転職サイトは、7万人もの転職実績データを公開しており、「どんな人がどんな転職に成功できたのか?」を詳細に知ることができるのだ。

登録はとても簡単(5分程度)。MIDASからの簡単な質問に答えるだけでありますぞ。

もちろん、スマホからの登録もOK。でもあまりにも手軽に登録できるからって、

ザク男爵
いつでも辞められるように、MIDASに登録しておこう・・・スマホぽち・・・
上司
ん?なんだそれ?楽しそうだな?教えろよ?
ザク男爵
は、はひいっ!(削除ぽち)・・・新しいゲームしてただけすよ?

くれぐれも上司に見つからないように注意しよう!

MIDASの最大のメリットは、一度登録しておけば、MIDASが継続的に求人企業へ売り込みしてくれることだ。

今の仕事を続けながら転職活動するのが難しくても、MIDASならあなたの代わりに転職活動をしてくれる。

会社に忠誠を誓わない、そんなあなたの生き方を心強く応援してくれるのだ。

 

もちろん、登録は無料。さらに登録時に適正年収を診断することもできるのだ。

ちなみに吾輩も登録して、適正年収を診断してみたぞ。

%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%80%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97まずはプロフィールとして、性別、生年月日、都道府県を選択。この診断には名前を入力する必要はない。

聞かれる質問は、「職務経歴」、「実務経歴」、「資格」の3つ!

タップ式の設問に答えていくと・・・なんと驚くべき結果が!!

%e7%b5%90%e6%9e%9c

すでに208社もの条件にあう企業が見つかり、想定年収は670万との結果!

さらにうれしいのは、この時点で面接確約オファーが「6件」も確定していること!!

この後、登録ボタンをぽちって押しておけば、確定している面接オファーにいつでも申し込みできる状態になる訳だ。

いつ退職することになっても、次の面接が確定している「安心感」はハンパないね。

 

「今の仕事を辞めても、次の仕事が見つかりそうだ」と、思えるだけで、例え今の仕事を辞めなくても、気持ち的にはものすごく楽になるはずだ。

背水の陣なんて敷いてはいけない。自分の為に、常に逃げ道を準備しておいてあげよう。

自分の身を守れるのは、自分だけでありますぞ。

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

出世を諦めるメリットは次の通りでございますぞ。

1・嫌な仕事なら断っていい。

2・早く帰宅していい。

3・全国転勤しなくていい。

4・社内政治争いをしなくていい。

会社に行きたくない。仕事をしたくない。そう思う原因は、「嫌な仕事だけど、断ったら出世に影響しそうだ」と自分を自分で縛っているからではないでしょうか。

出世を諦めると、自分を縛る鎖を解くことができますぞ。いいんです、出世しなくても。出世しなくても、人生楽しく生きていける方法はあるのですから。楽しく生きて行きましょう!

それでは、アディオス!

4 件のコメント

  • またまた興味を惹かれる記事で、楽しく読ませて頂きました(^^)/

    正直、欲が捨てきれず・・・かといって覚悟もなく・・・

    自分がいかに中途半端な位置にいるかを確認させて頂く事が出来ました。

    とても良い記事をありがとうございました!

    • コメントありがとうございます^^
      また会社も絶妙に出世をちらつかせるんですよね。出世したら給料増えるとか、楽になるとか、一人前だとか。
      ・・・とかなんとか言って、課長になってみましたけど特に変わりませんでしたね、特に給料とか(笑)

  • 面白く読ませていただきました。
    私も、地方の事務所から出世の登竜門的な東京の本社の部署に異動となったのですが、能力不足と根本的に仕事内容が合わず、すぐに元の地方の事務所に戻ることになりました。
    東京では、心身ともに病んでしまったのですが、帰ってからは元気にやっています。
    でも、会社からの評価にまだ未練があったりするのも事実ですけどね。まあ、今の会社だけがすべてではないと、言い聞かせています。以上、負け犬の遠吠えでした。

    • コメントありがとうございます。
      いえいえ、負け犬なんてそんなことはないですよ。
      能力以前に合う合わないはありますし、会社からの評価(ぶらさげられたニンジン)で得られることは少ないですしね。
      今元気に地元でやっていらっしゃるのが何よりです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。