一軒家の魅力は圧倒的な広さ。広さこそ、最高の贅沢という理由を熱く解説!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

一軒家の魅力は何かと聞かれたら、皆様は何と答えますでしょうか。

・・・広さ?え、広さ?・・・やっぱ広さ?うん、広いしね。あ、申し訳ございませぬ、つい本音が漏れてしまいました。

そうなのであります。一軒家の魅力とは、ずばりその広さなのであります。

断熱性能や環境性能、省エネ性能、デザイン、間取りなんて、おまけでございますよ、おまけ。家作りの時、家の外装や内装、オプションなど色々頭を悩ませますが、正直、家が広ければそんな悩みは塵屑(ちりくず)程度のものにしか感じないでしょう。

賃貸アパートにはない、アクセスのいいマンションにはない魅力。それは広さであります。一軒家の広さこそ、最高に贅沢なものなのであります。

そこで本日は、一軒家の魅力、広さについて熱く語らせて頂こうではありませぬか。

スポンサーリンク

広いという最高の贅沢が、ここにある。
226519a67e052d14102dfe1db8011a90_s

広いというのは、何とも言い難い、最高の贅沢であります。

それはお金には替え難い、まさにプライスレスな贅沢なのでありますよ。

 

余った部屋を「どうしよう、困ったな・・・」という贅沢すぎる悩み。

一軒家を買うと一度は頭を悩ますのが、空き部屋の問題であります。持ち家は部屋数も多い為、入居当初は使わない空き部屋が発生してしまうのでありますよね。

特に子供が小さいうちは、みんな揃ってリビングにいることが多いものだ。ご飯食べるのも、家で遊ぶのもくつろぐのもリビング。

ザク男爵
リビングの人口密度がハンパないのですが。家は広いはずなのに・・・。

結局、リビングで1日の大半を過ごし、2階の寝室はただ寝るだけの部屋となってしまうのであります。

 

そこで吾輩の頭を悩ますのが、2階に3部屋あるうちの残りの2部屋だ。色々使い道を考えた結果、1部屋は洗濯物を干す「サンルーム」として、そしてもう1部屋は子供が遊ぶ「プレイルーム」として、使っておりますぞ。

ザク男爵
サンルームにプレイルーム。何て贅沢な響きか。

うっかりママ友に「部屋が余って困ってるの」なんて口を滑らせたら、次のランチから呼んで頂けないかもしれませぬぞ。

 

庭というプライベート空間が贅沢すぎる。

さらに一軒家には、庭というプライベート空間がもれなくセットになっているのでございます。

いや、ね、この庭。生きて生活していく上で、全く何の役にも立たない空間でありますが、贅沢という観点で見たら「最高に贅沢」なのでありますよね。

 

リビングのカーテンを開ければ、お気に入りの風景(庭)が迎えてくれる。

家族、知人以外は誰も入ることができない完全プライベートな空間。屋外なので、庭にいるだけで気分も解放される。

ザク男爵
・・・実に贅沢だ。最高に贅沢な日常であります。

ただそこに「何の役にも立たないプライベート空間」があるだけで、どうしてこんなに贅沢な気分になれるのでしょうか?

庭なんてあってもなくても困りませぬ。むしろ、庭がない方がコストはかからないでしょう。

しかし、生きる上で全く必要ないものだからこそ、最高に贅沢を感じるものなのでありますよ。

 

コスパがいい贅沢。

そんな贅沢な広さでありますが、実は一軒家の広さは、非常にコスパのいい贅沢でもあるのだ。

 

「広さ」は標準装備で追加費用一切なし。

まず知っておきたいのが、広さという贅沢を楽しむ為には、追加費用が一切かからないということだ。

必要なのは、一軒家を買うこと。ただそれだけであります。一軒家を選ぶだけで、同じエリアにある賃貸アパート、マンションよりも、格段に広い空間を手に入れられるでしょう。

さらに有難いことに、広さは平等だということであります。

例えば同じ広さの一軒家でも、ハウスメーカー・家のグレード・導入する設備によって、家の値段はピンからキリまで幅広い。

しかし「広さという価値」は30坪なら30坪分の、40坪なら40坪分、50坪なら50坪分の価値であって、これ以上でもこれ以下でもないのだ。つまり、その40坪の一軒家に3,000万払おうが、4,000万払おうが、その広さの価値は「40坪分」になるのでありますよ。

ザク男爵
40坪の家にいくらオプションを追加しても、「広さ」という価値は「40坪分」で同じということでありますな。

お金をかけずしても味わえる最高の贅沢、広さ。これをコスパがいいと言わずして何と呼んだらいいのでしょうか。

 

壊れないし、減りもしない。メンテナンスフリーな贅沢。

さらにさらに、「広さ」という贅沢は、一度持ち家を買えば、ずっとずっと贅沢が長続きするのでありますぞ。

広さが壊れることもないし、減ることもない。メンテナンスフリーで、めちゃくちゃコスパのいい贅沢なのであります。

いやだってですよ、ちょっと考えて見て下さいよ。持ち家を買ったのに、逆に広さが減ったり壊れたりしたら、すごい大問題でありますよね!?

ザク男爵
な、なんと!?お隣さんの境界線が昨日より10cm、吾輩の家の方に動いておりますぞ・・・。

・・・これは侵略でしょうか?

一度広い一軒家を買ってしまえば、その広さはこの先ずっと長続きするのだ。しかもノーメンテナンスで。いやー、実に贅沢でございますなあ。

 

広い一軒家だからできる、贅沢な趣味を満喫する。

そんな広い一軒家だからできる、贅沢すぎる趣味を少し紹介させて頂きましょう。

 

ピアノ。

まず思い浮かぶのは、「一軒家と言ったらピアノ」というブルジョワなイメージではないでしょうか。

住宅地の一軒家からぽろんぽろんと子供がピアノを弾く音が聞こえる。なんとも心が和む情景であります。

ちなみに吾輩も、無駄に余っている部屋に電子ピアノを置いておりますよ。マンションと違い、騒音にそこまで神経質にならなくても楽しめるのが幸せすぎるのであります。

3歳男の子をピアノ教室に通う前に!知っておきたいピアノを続ける上での注意点。

2017.04.05

 

ホームバーベキュー。

そしてアウトドアに興味がなくとも、一軒家を買ったら挑戦したいのが、ホームバーベキューでございますよね。

完全プライベート空間の庭で、気心しれた家族、知人とだけで楽しむバーベキュー。屋外で開放感を味わいつつ、庭というクローズドな場所だから特別感もありつつ。実に最高に贅沢でございますよ。

もちろん(?)、超インドア派の吾輩も一軒家を買ってから、何度もホームバーベキューを致しましたぞ。

ザク男爵
・・・火すら起こせなかったですが、何か?

できるできないは別にしても、自宅でやるバーベキューは超絶楽しいですよ。・・・火がつかなくても。

失敗しない!初心者が自宅でバーベキューを楽しむ為の準備とコツ6つ!

2016.10.05

 

池作り。

そして最後に吾輩がごり押しでお勧めしているのが、池作りでございます。

自宅に池があるって、これはもう文句なしで贅沢でございますよ。120%贅沢でありますね、間違いなく。だって自宅に池があっても、何も役に立ちませぬからね。へへへ

そんな生きる上で全く役に立たない遊び、趣味こそ、最高に贅沢というもの。しかもこの池作り、DIYでやれば費用を抑えることもできるしね。お勧めでございますよ。

防水シートで池作り!子供が遊べる池を庭にDIYで作る方法!

2016.04.12

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

持ち家の広さの魅力は次の通りでありますぞ。

1・広さはお金に替え難い、プライスレスな贅沢。

2・広さはコスパのいい贅沢。追加費用なし、メンテナンスなしで、ずっと広い贅沢を楽しめる。

3・広い一軒家だからできる趣味(ピアノ・バーベキュー・池作りなど)が贅沢すぎる。

なんと言うことでしょう。この無駄に広い空間が、最高に贅沢な空間だったとは。しかもこの贅沢、一軒家なら、追加費用一切なしで手に入るとは・・・。神か。

利便のいいマンションも捨てがたい存在であります。しかし、この広いという贅沢を堪能できる一軒家。ちょっとぐらい検討してみても、損はありませぬぞ。

それでは、アディオス!

 

一軒家に興味が出てきたら、まずはこの記事から!

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

 

4 件のコメント

  • 偶然こちらのブログを見つけましたが、読み始めたら止まらなくなってしまいました。
    文才がおありですね!
    部屋、余りますよね。笑
    子供達の年齢が中学生ぐらいにならないと部屋はフル活用できない気がします。
    うちの子達には一人部屋を与えて学習机やベッドを置いているのに、リビングで勉強して和室で寝ていますよ…
    うちも今の建売住宅を即決したクチですが、立地が家を買う時の最重要項目って書かれているのは本当にその通りだと思います!
    ここなら万が一どうしようもなくなった時にも立地が良くて人気学区なのですぐ買い手がつくと思う、と不動産屋さんに言われました。
    (実際、近所で中古建売が売りに出た時にはすぐ買い手がつき、あっという間に新住人が越してきました)
    うちにもピアノ男子がいますが、ソナチネ終わる位にまで教本も進んだので本人も自信がついてきたのか、ピアノ習ってるよ!と堂々と言っているようです。
    ピアノって女性のイメージが強いけど実際は男性のほうが手が大きいからピアノ弾くには有利な面もありますよね〜。
    中学校でもピアノ続けられたらうちの息子もモテるかしら。
    眼鏡かけてるから見た目インテリ枠で。笑
    息子さんのピアノ、末長く続けていけると良いですね。応援しています!

  • 初めまして、ザク男爵と申します。コメントありがとうございます。
    楽しく読んで頂けて何よりです。
    最近気がついたんです。部屋が余ってるって、最高の贅沢だなって。
    こんなこと言ったら、100%嫉妬されますね(笑)でも余ってるんです。贅沢ですね!
    やっぱり「立地」重視ですよね。便利なところに住んでたら、便利な訳です。
    人気の学区って最高じゃないですか。栃木でも人気エリアは競争激しいですよ!
    そして息子さんピアノしてるんですね。これまた最高ですね!
    中学校の合唱コンクールで伴奏したら、間違いなくモテますよ!芸術系インテリ枠で!
    音楽は一生の趣味ですから、ぜひ末永く続けて頂きたいものですね。
    今後ともよろしくお願いします。

  • お返事ありがとうございます。
    うちは主人が全国転勤ありの転勤族でして、ここなら家を買って永住してもいいかも?!という心境になるまで何年も掛かってしまったので、若くして戸建てを購入されたザクさんが本当に羨ましいです。
    幼いお子さん達との生活、楽しんでくださいね。
    ちなみに、結婚前まで首都圏から出たことなくずっと実家暮らしだったような人間ですが、今は大阪に家を買って住んでおります。
    大阪府内はとにかく立地と小中学校の学区が重要なのであちこち見て回りましたが、超人気の学区はさすがに高すぎて手が届きませんでした…泣
    小学校でも音楽会のピアノ伴奏を子供達がやる学校が多いんですが、たいていどの学校でも積極的な女子が何人も立候補するので事前にオーディションがあり、親達を巻き込んでの熾烈な戦いが繰り広げられているようです。
    うちの息子も伴奏者争いに巻き込まれましたよ。苦笑
    音楽は一生の趣味、本当にその通りだと思います。
    いつか息子さんのピアノ伴奏でザクさんがフルート吹ける日が来たなら…楽しみですね。
    これからもブログ読ませていただきますね。

  • 大阪に住んでいらっしゃるんですね。栃木ですら人気学区は競争激しいですから、大阪はもっと激しいのでしょうね。
    ピアノの伴奏はやっぱり中学校が狙い目かもしれないですね。中学校になれば親の影響も少なくなってくるでしょうし。ぜひクールなピアノで魅了しまくって下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。