兄弟平等に育てられますか?男の子兄弟(2歳差)育児で気をつけたい5つのこと。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

男の子兄弟を育児していると、兄弟の扱い方に悩むことってありませんか?

長男に我慢をさせている気がする・・・。次男に愛情を注げてない気がする・・・。

二人とも最愛の息子ですもの、二人とも溺愛して育てたいでありますよ?しかし現実には、兄弟間での扱いに差が出てしまってないか心配になるのだ。

もちろん、二人の男の子を溺愛で育てている吾輩も、その一人でございます。常に「本当にこれでいいのか?」と思い悩む日々でございます。

そこで今回は、悩みながらにも掴みかけた、男の子兄弟の育児のコツについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

本当に兄弟は平等なのか?

9eeb6091988ec72549755320c15d773b_sほら、よく言うではありませぬか、「兄弟は平等に育てましょう」と。

確かに兄弟平等に育てられたら、兄弟の扱い方に悩まなくてもよさそうでありますよね。

しかし本当に兄弟って平等なのでしょうかね。

 

平等に育てたいけど、生まれた環境が平等ではない。

吾輩だって、長男も次男も同じように平等に溺愛したい。二人ともほっぺにちゅうちゅうして育てたいでありますよ。

しかしでござます。吾輩は思う訳であります。

ザク男爵
兄弟平等に育てたいけど、生まれた環境が二人とも違うから、平等になりませぬぞ?

二人とも同じように同じ条件で育ててあげたい。

しかし現実には、同じ親、同じ家庭に生まれたとは言え、長男と次男とで生まれた環境が違うから、平等にすることができないのだ。

 

お兄ちゃんが損するとき。

同じ親の元生まれた兄弟でも、生まれた順番で育つ環境は大きく違ってくる。

そんなお兄ちゃん(長男)が損をするときは、次のようなときがありますよね。

・親の愛を独占していたのに、ある日を境に次男に親を盗られる。

・親の収入が少ない為、おもちゃを買って上げられない。

・初めての育児で間違った方法を実践しがち。

・次男はまだ小さいからと言って、イライラしたときのターゲットになりやすい。

・育児用品が不足している場合が多い。

・弟に比べて習い事など初体験が遅い。

 

 

弟が損するとき。

一方で、弟は弟でお兄ちゃんとは違う環境で育つのだ。そんな弟が損をするときは、次のようなときではないでしょうか。

・生まれたときから親の愛情を独占することができない。

・生まれながらにして、お兄ちゃんというライバルとの生存競争に巻き込まれる。

・初孫になれない。(祖父母の初孫の扱いは格別。)

・お兄ちゃんのお下がりに囲まれて育つ。

 

どちらが得かは分かりませぬ。しかし兄と弟で、同じ親の同じ家庭に生まれたのに、育つ環境って随分違うものでありますよね。

 

不平等を上手に利用する育児方法。

ce9abf74b251aa434f0a559c168f4b6c_sそうなんですよ、結局「兄弟平等」とは言ってもそれは理想であって、現実には生まれた順番で育つ環境は大きく違ってくる訳でして。

そこで重要になるのが、そんな不平等な育つ環境を上手に利用する育児方法でありますぞ。

 

お兄ちゃんに我慢させる代わりに、「特権」を与える。

ほら、よく言うではありませぬか、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい!」って。

これは吾輩も口から出そうなところをいつも堪えて言わないようにしている言葉でございます。しかし現実には「お兄ちゃんなんだから我慢してよ!」的な場面は多々ある訳でして。

そんなときは、お兄ちゃんに我慢させる代わりに、「特権」を与えてはいかがでしょうか

ザク男爵
お兄ちゃんなんだから、弟に優しくできるよな?
長男
・・・うん(涙目)
ザク男爵
よし、偉いぞ。お兄ちゃんだから、このお菓子を特別にあげよう。

・・・お兄ちゃんだけだぞ?

エサで釣る訳ではありませぬが、頑張った先に獲得できるもの(特権)があるからこそ、立派にお兄ちゃんを務めることができるものであります。

 

不平等だからこそ、平等に扱っているパフォーマンスを。

生まれた順番が違うから、育つ環境が違う。それだけで不平等が生まてしまうのだが、それは致し方ありませぬ。

だがしかし、不平等な育児を露骨にすれば、いくら純粋な子供と言えどやさぐれてしまいますよね?

長男
弟ばっかり甘やかされてる。ずるい。

ボクはパパとママから愛されていないのかな・・・。ぐすん

次男
あくーーーっ!(お兄ちゃんばっかり!ずるい!)

そこで大切なのが、「平等に接している」というパフォーマンスでございます。

パパもママも、二人とも大好きだよ、愛しているよ、平等に扱っているよ、というパフォーマンスが必要であります。

例えば子供と遊ぶとき。どちらか一方を抱っこすれば、必ずもう一人が「ボクも!」と言いませぬか?

順番に抱っこしてもいいけど、吾輩はパフォーマンスの意味も込めて、二人まとめて抱っこしております。

ザク男爵
さあ、二人とも。パパがまとめて抱っこしてあげよう!がっはっはっは・・・(そろそろ腰がヤバい)

二人一緒に抱っこする。これなら、見た目的にも気分的にも「平等」でありますよね。子供にとっても、分かりやすい「平等の愛」ってうれしいものでありますよね。

生まれた順番が違うから、不平等な環境は致し方ない。でもだからこそ、こういう「平等に育てている」パフォーマンスは必要でありますよね。

 

長男の「孤独」、次男の「仲間に入りたい」を理解してあげる。

育つ環境が違うのは致し方ありませぬが、それでも違った環境で育つ境遇を理解してあげることは大切でありますよね。

長男の場合、

それまで親の愛を一人占めしていたのに、弟に盗られた。

自分よりも小さくて弱い存在がいるから、親の愛が弟に注がれている気がする。

そんな境遇で育っているのかもしれませぬ。

 

また弟は、

生まれながらにしてお兄ちゃんというライバルがいて、生存競争に巻き込まれた。でも体格差もあってお兄ちゃんには勝てない。

お兄ちゃんとパパ、ママが遊んでいる姿が羨ましい。ボクも仲間に入れて欲しい。

そんな境遇で育っているのかもしれませぬ。

 

平等に同じ条件で育ててあげられないからこそ、二人の抱える想いを理解してあげることが大切であります。

 

多少のケンカは見て見ぬふりを。

不平等な世界で育つ二人はときに仲良く遊ぶこともありますが、基本的にはケンカばっかりしていませぬか?

愛する子供たちがケンカする姿は見るも辛い光景でありますが、なるべくなら多少のケンカは仲裁しないで「見て見ぬふり」がいいかもしれませぬよ。

それは子供なりに、ケンカをして学んでいく姿が見られるからだ。

 

長男が作ったオモチャを次男が壊した。

次男が遊んでいたオモチャを長男が横取りした。

 

吾輩の家でも、本当に下らないことで毎日飽きもせずケンカしておりますよ。しかし、そんなケンカを繰り返しながらも、二人とも成長しているようだ。

次男も長男のオモチャは大切に使うようになったし。長男も次男がオモチャを使っているときは、ちょっと我慢できるようになった。

ザク男爵
二人とも大きくなったねえ・・・涙。

時折見せる兄弟愛で親の涙腺は崩壊。やっぱりケンカしても、兄弟っていいものですよね。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!
4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s

それでは、まとめよう。

男の子兄弟を育児するときは、次のポイントに注意してみてはいかがでしょうか。

1・生まれた順番による育つ環境の違いは仕方のないこと。

2・育つ環境の違いを上手に活用して育児をする。

3・お兄ちゃんには我慢する代わりに「特権」を。

4・不平等だからこそ、平等に扱っているパフォーマンスを。

5・長男、次男のお互いの境遇を理解してあげる。

6・多少のケンカは見て見ぬふりを。

毎日ケンカばっかりしている姿を見ると、「仲が悪いのか?育て方を間違えたのか?」と不安になったりするもの。

兄弟は平等に育てるべきとは言うものの、現実には育つ環境が違う訳でして。それでも無理に平等を貫くと、どこかで無理が出てしまいますぞ。

兄弟は不平等の中で育っているもの。でもだからこそ、お互いの境遇を理解してあげ、「二人とも大好き、二人とも平等に育てているよ(条件は違うけど)」とパフォーマンスすることは必要ではないでしょうか。

しかし間違いなく言えるのは、お兄ちゃんだろうが弟だろうが、紛れもなく二人とも最愛の最愛の息子ということでございますな。二人とも溺愛しましょう、溺愛を。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。